presented by
Menu
リベリー練習復帰

ブランチで連帯感を生みだす

バイエルンファンとして、日曜日の午前は何をするだろうか?例えば、ゼーベナー・シュトラーセに練習見学。この日も興味津々の1000人のファンが、FCバイエルンスターおよびルイス・ファン・ハール新監督を近いところで観ようとたっぷりな睡眠と朝食を諦め、トレーニング場へとやってきた。

彼らはフランク・リベリーの姿も目にすることになった。同フランス人はアキレス腱の問題でトレーニングを2日間休んだ後、また練習に復帰し、トレーニングマッチではトップ下として躍動。その後、同選手は観衆にしっかりとサインサービスに応じた。

ファン・ハール、「全てを知りたい」

トレーニング終了後、選手たちにとってすぐにプライベートな時間とはならず。チーム内の全ての人をより知るために、新監督のルイス・ファン・ハールはチーム全体および全ての指導者そして関係者をブランチに招待した。

ファン・ハールは、早いうちに選手をよりよく知りたいと考え、彼らのプライベートにも興味をもっていた。「選手が結婚しているのか、家庭のなかで問題があるのかを知りたいんだ。これは私がいつも話しをしている統一主義なんだ。私の選手のことを全て知りたいんだ。だから私はたくさんの話合いを個人的にするんだ」とファン・ハールは「ビルド紙」(日曜版) のインタビューのなかで報告。