presented by
Menu
「とても満足している」

ミラン戦後のコメント

ルイス・ファン・ハールはアリアンツ・アレーナでの初戦、温かく迎えられることになった。観衆は、FCバイエルン監督がピッチに姿を現し、ベンチに向かうときに拍手で迎えた。オランダ人は我慢強くサインサービスに応じていた。そして、彼のチームも監督のホームデビュー戦を勝利で飾った。同チームはAudi Cupの準決勝でACミランに4:1と勝利した。

「とても満足している」とバイエルン監督は試合後、彼のチームのゲームについてコメント。日曜日のネッカーエルツでのDFBカップ初戦前のゲームで、彼が批判を呈することはなかった。「われわれはいいサッカーをしたと考えている。」

コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれがいいサッカーをしたと考えている。我慢強くプレーし、ボールを保持しているときにはボールを失うことが少なかった。相手がボールを持ったときも、われわれの対応はとてもよかった。とても満足している。今季に向けて、よりやる気をもたせてくれるすばらしい雰囲気だった。ファンにとってはもちろんパーフェクトなファイナルだね(木曜夜、マンチェスター・ユナイテッドと対戦)。」

マルク・ファン・ボンメル:「とくに勝ち方が大切だった – そして、局面的には悪くなかった。われわれは相手を支配していた、ACミランよりも多くのチャンスを作りだしたんだ。もしかすると4:1は少し出来過ぎかもしれない、だが、場面によっては、前線へのグラウンダーのパスが本当にとてもうまく機能していた。」

ヨルク・ブット:「われわれがプレシーズン中に監督とやってきたことを実践したことが大事だった。ゲームを過大評価してはいけないけど、多くのいいコンビネーションがあった。ミランはアメリカにいて、大変な遠征があったからね。だから現実的に考えないといけないんだ。それでもいいプレーができていて、後半15分にチームの半分が入れ替わっても問題なくプレーできていた。選手個々が自分のポジションで何をしないといけないのかを把握していること、そして実践することが大切なんだ。」

マリオ・ゴメス:「結局はプレシーズンのゲーム、それを忘れてはいけないんだ、ミランはきっと彼らの能力をだしてきていなかった。彼らは今日、キレがなく、いいゲームができていなかった。だが、自分たちはいいゲームをしていた。ボールを走らせて、多くのチャンスを作りだし、多くのゴールを決めたんだ。満足することができるね。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「自分たちのいいゲームだった。監督が要求していることを実践したんだ、だが、ミランがとても疲れていたとも言わないといけないね。だから、この勝利を大きく取りあげてはいけないんだ。結果が一番大切なものではない。大切なのは、監督の哲学を吸収すること。それもあって、今日の任務をきちんとやり遂げたことは嬉しいことだよね。自分たちは、きっとまだうまくできるとは思うけど、いい方向に進んでいるよ。自分たちのシステムが機能することをみることができたし、監督が重点を置くワンタッチパスでのプレーが局面的にうまくできていた。」