presented by
Menu
5選手が欠場

レルとリベリーがトレーニングを欠場

FCBの監督として初めて挑むテストマッチにて、ファン・ハール監督は5人の選手をメンバーから外さなくてはならない。まだ休暇中のルシオとルカ・トーニに加え、オーストリア・ブンデスリーガのタイトル保持者であるレッドブル・ザルツブルク戦(20時15分)にはフランク・リベリー、クリスティアン・レル、バスティアン・シュヴァインシュタイガーも欠場することとなる。

左膝の膝蓋前滑液包炎のため、木曜のトレーニングを休んだリベリー。同日の午前中には診断とMRI検査を受けた後、集中治療を受けている。週末にはリハビリプログラムをこなすこととなっており、来週の月曜からはチームの合同トレーニングに参加できる見込みだ。

シュヴァインシュタイガーにはまだ時間が必要

クリスティアン・レルもまた木曜のトレーニングを早々に切り上げる羽目になった。左足親指の爪母基(爪を作る組織)炎症がその原因だ。チケット完売のレッドブル・アレーナでのプレーはもとより、土曜日に行われる「ドリームゲーム」、「デ・ロデン・ヴァギンガ」」ファンクラブとの試合にも出場できないとされている。また、レルがトレーニングに再び参加できるのも、来週のはじめになる予定だ。

さらに、もっと長期にわたっての離脱を余儀なくされるのがシュヴァインシュタイガー。7月4日に膝の手術を行い、現在は基礎トレーニングを行っている。「もっと早くプレーできるようになると考えてたよ。」と、残念そうに本人。やはり、チームメイトと共にフィールドでトレーニングをしたいようだ。

ルシオとトーニは7月16日から合流

ランニング、サイクリング、ジムでの体力づくりをこなしながら、できるだけ早い完全復活を目指すシュヴァインシュタイガー。「ずいぶん良くなったよ。全て順調だ。」と、遅くともドナウエッシンゲンでのトレーニングかコンフェド・カップらはチームへの合流を目指している。コンフェデレーションズカップに出場し、現在休暇中のルシオとトーニも、7月16日からはトレーニングに合流する予定だ。