presented by
Menu
新スタッフの紹介

新トレーナー

FCB監督として初めての記者会見にて、ファン・ハール監督は親しい間柄のスタッフを4人紹介した。同時に、それぞれにどのような課題が割り当てられているのか、といった説明も行われた。「スタッフは4人だけじゃないんだが、今日は全員連れてくることができなかったんでね。」とは、監督の弁。

ファン・ハール監督のスタッフ

アンドリース・ヨンケル(アシスタントコーチ):「彼は多面的で、私とはFCバルセロナで一緒に仕事をしていた。基本的に彼が私のアシスタントとなってくれることを期待している。」

ヘルマン・ゲルラント(アシスタントコーチ):「ヘルマンもまた私の助手だが、ユース部門との結びつきについても担当してもらう。私は若手に出場の機会を与える監督として有名だからね。そして、そのためには彼が若手選手との結びつきを作ることが重要なんだ。」

ヨス・ファン・ダイク(トレーニング担当):「トレーニング生理学者の彼の役目は、リハビリトレーナー、コーチや監督、理学療法士をうまくまとめること。また、コンディション調整のためのトレーニングを行うにあたり、私のアドバイザーにもなってくれる。」

マックス・レッカース(試合分析):「彼は私の右腕だよ。ビデオ分析やPowerPointでのプレゼンなどを担当してくれる。」