presented by
Menu
ブランチからショッピングアドバイスまで

新生バイエルンチーム、共に成長

エドソン・ブラーフハイトはショッピングアドバイスを得て、アナトリー・ティモシュチュクは空港で温かく歓迎された、そして選手夫人らもチーム、監督、関係者および取締役らとのブランチでお互いに知り合うことになった。トレーニング始動から約1週間、FCバイエルンではコンディションおよび戦術トレーニングだけではなく、新選手との融和もフル回転で進んでいる。

ブラーフハイト、ティモシュチュク、マリオ・ゴメス、イヴィチャ・オリッチ、ダニエル・プラニッチおよびアレクサンダー・バウムヨハンら新加入選手6人が今夏、FCバイエルンに加入した。そして、アンドレアス・ゲルリッツも復帰。ルイス・ファン・ハール監督は、「われわれはたくさんの新しい選手を融和しなければならない」とコメント、同じく新参の監督も彼のオフィシャルの紹介時に、何故この融和を特に大切するのかを説明していた:「バルセロナにはわれわれと同じくらいいい選手がいる、そのなかで彼らはチームとしてやってきたんだ - これが彼らの成功の秘訣。」

「皆がバックアップ態勢」

マルク・ファン・ボンメルはチームとしてまとまっていくために、チーム内でのチーム魂を強調。「雰囲気はいつもいいよ、ピッチでもロッカールームでもね」と昨季主将は報告、同選手は新加入選手の融和は問題ないと考えている:「新加入でもすぐにここに溶けこめるんだ。われわれはいいチーム、皆がサポートできる準備ができているんだ。」