presented by
Menu
基礎トレーニングをこなすリベリー

監督、リベリーの代役を模索

お気に入りの器具でのトレーニングには、まだ少し時間がかかりそうだ。月曜のトレーニングでは、フランク・リベリーはより本格的なコンディション作りのトレーニングを行った。ルカ・トーニと共に、チームメイトからは離れて何回もトラックを回っている。どのトレーニングでも、まだボールは使用していない。

リベリーはトーニと共に、今週末までは基礎トレーニングをこなす予定だ。それから初めて、徐々にチームの合同練習に参加できるようになるとのこと。SpVggネッカーエルツと対戦するDFBカップ1回戦には両者は欠場の予定で、当日は試合をテレビ観戦することになるという。

一方のトーニは、シーズン開幕のための準備に参加したときからアキレス腱の故障に悩まされている。ただ、トーニの欠場はファン・ハールにとって埋め合わせがきくようだ。ミロスラフ・クローゼ、マリオ・ゴメスというトップクラスのFWが2人も控えている。逆に、リベリーの欠場は監督の頭を大いに悩ませている。

それは、監督がリベリーを中盤のゲームメーカーとして起用するつもりだったからだ。「リベリーは中心となる選手として必要だ。」と語る監督は、これまで全くリベリーをテストマッチに起用できないでいる。「フランクの状態は先週よりずっと良くなっている。それでも、(完全復帰には)まだ十分じゃない。」と、月曜の記者会見で監督はコメントしている。

リベリーの代役候補は3人

監督は、8月8日にホッフェンハイム相手に行われるブンデスリーガ開幕戦にはリベリーもトーにも起用しない考えだ。ただ場合によっては、先週の金曜にケルンでバスティアン・シュヴァインシュタイガーがカムバックを飾ったときのように「20分だけ」プレーする可能性はあるという。

「フランクは怪我で出場できない。このため、他の選手を起用しなければならない。開幕戦で誰がリベリーの代役を務めるのか、そろそろ決断を下さなければいけない。」と監督。これまでの8つのテストマッチでは、ホセ・ソサ、アレクサンダー・バウムヨハン、そして最近ではケルンでトーマス・ミュラーがゲームメーカーの代役を勤めている。

シュヴァインシュタイガーは「ゲームメーカーではない」

また、今週の水曜と木曜に監督はさらなる情報を収集できるだろう。アウディーカップでFCBはまずAC ミラン、そして翌日にはマンチェスター・ユナイテッドかボカ・ジュニアーズと対戦する。「常にケルンでの試合の前半のようにプレーできたら非常に満足なんだがね。」と、監督。ケルンでは若手のミュラーがゲームメーカー役を務めている。

月曜のトレーニングでは、バウムヨハンが「ゲームメーカー」としてAチームでのトレーニングをこなした。ミュラーはアキレス腱を少し痛めたために大事を取ったが、火曜にはトレーニングに復帰できる見込みだ。また、シュヴァインシュタイガーは監督にとって「ゲームメーカー候補ではない」とのこと。「彼はMFだが、ゲームメーカーではないと思う」と、ファン・ハール監督はコメントしている。