presented by
Menu
ファン・ハールに称賛の声

FCB、充実したキャンプ終了

6部のSpVggネッカーエルツとのDFBカップ初戦を10日後に控え、FCバイエルンが木曜、ドナウエッシンゲンのトレーニングキャンプを引き上げ、ケルン入りした。レコードマイスターは金曜夜、1.FCケルンとテストマッチ、そして翌日にはゲルゼンキルヘェンで「McFit・オールスターズ」と対戦する。同日の夜に同チームはミュンヘンに戻ることになる。

スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーはfcbayern.deとのインタビューのなかで、「全体的にとてもいい準備ができたと思っている」とトレーニングキャンプについてポジティブな総括をした。「いい方向に向かっていると私は考えている」とネルリンガー。

ファン・ボンメルも、「われわれがやってきたことに満足している」と語り、とくにルイス・ファン・ハール監督および彼のトレーニング方法を称賛した。「彼は彼の求めていることについて明確な指示をだしてくる。修正およびやる気を起こさせるんだ。」ピッチ上で指示が大きくなっても問題ないとファン・ボンメルはいう。「これは勇気づけるための叱咤。これにより、次回同じことが起こらないためにはいいと彼は考えているんだ。」

チーム練習に合流してから間もないバスティアン・シュヴァインシュタイガーにも、57歳の監督に対してポジティブな言葉が続いた。「彼がやっていること全てが自分たちを成長させてくれるんだ」と代表選手はコメント。とくに、練習時に何度も中断するのは、とても助かると彼はいう。「彼は彼のイメージをとても早く伝えたいんだ。自分たちはいい方向に向かっていて、着実に最高のサッカーになっていくと考えているよ。」