presented by
Menu
インタビュー: ファン・ハール

「われわれはこれから勝つことになる。約束だ!」

2試合連続ドロー – ルイス・ファン・ハールはFCバイエルンでのブンデスリーガ初白星を引き続き待つことになる。同58歳は、1899ホッフェンハイムに1:1と引き分けた開幕戦に比べて、ヴェルダー・ブレーメン戦では彼を満足させるプレーを彼のチームからより多くみることになった。ファン・ハールはfcbayern.deとのインタビューのなかで、「われわれはチャンスを作り、ゴールを決めた – まだ1、2点とゴールを決めることができていた。これについてはわれわれはもっと、もっと良くなるだろう。そしてこのようなゲームに勝つことにもなる。約束だ」とコメント。


インタビュー: ルイス・ファン・ハール

fcbayern.de: ブレーメンに1:1、シーズン開幕から2試合連続ドロー、この2試合についてどう考えていますか?
ルイス・ファン・ハール:「もちろん、満足していない。われわれのファンと同じく、より多くの勝ち点を奪取していたいと考えている。しかし、私は監督、われわれのチームのゲームを分析しなければならない、願望を先行させることはできない。」

fcbayern.de: どのように分析されていますか?
ファン・ハール:「ホッフェンハイム戦は満足していなかった。すでに1週間前に話した通りだ。ブレーメン戦は、ホームで引き分けたが、どちらかというと満足していた。強調するが、試合内容に満足していて、結果にではない。」

fcbayern.de: 試合後のコメントですが、開始30分間はすばらしかった...
ファン・ハール:「そうだ、チームから求めているものを目にすることができた: ボールポゼッション、敵を支配、相手をゲームに入らせない、ゲームを制する。それができていて、私に気に入ったんだ。だから、私は、われわれが確信するゲームをしたと言ったんだ。残念ながら、この優勢を得点に結びつけることはできなかったがね。」

fcbayern.de: ブレーメンは逆にゴールを決めましたよね...
ファン・ハール:「その通り、この試合2度目のチャンスでね。(失点は)痛かった。このゴールがブレーメンサイドにとって試合を容易にすることになったんだ。彼らは、全員で自陣を守ったんだ。それでも、もう一度言うが、始めの30分間はいいサッカーだった。このようなFCバイエルンを私は求めている: 支配して、敵とゲームを制する。そして、もちろんプラスはゴール。」

fcbayern.de: 観衆は後半、より楽しむことができました。
ファン・ハール:「後半は決して、チームとして良かったのではなく、個々がよりいいプレーをしたんだ。われわれはチャンスを作り、ゴールを決めた – まだ1、2点とゴールを決めることができていた。これについてはわれわれはもっと、もっと良くなるだろう。そしてこのようなゲームに勝つことにもなる。約束だ。」