presented by
Menu
ブレーメン戦のコメント

「前半の30分間、素晴らしいプレーをした」

勝利には及ばなかった。ルイス・ファン・ハール監督は、「結果には満足していないが、試合内容には満足している」と新シーズン初のブンデスリーガホーム戦後に述べた。ヴェルダー・ブレーメンに1:1の一戦、FCバイエルンは実際、勝つことができていた、と同FCB監督は話した。「しかし決定力には満足していない。」



コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「結果には満足していないが、試合内容には満足している。われわれは前半の30分間、素晴らしいプレーをした、われわれにはゴールだけが欠けていた。そしてヴェルダーが始めの攻撃で得点を決めたんだ。選手にとってはがっかりだった。ブレーメンにとっては10人で守ることは容易となった。そうなってしまうといつも難しい。だけど、われわれは6、7度チャンスを作りだした、そのことにはとても満足している。しかし決定力には満足していない。後半のチャンスも考えても、われわれが勝利していてもおかしくなかったと私は考えている。」

マリオ・ゴメス:「自分たちはゲームの大半を完全に制していた。だけど、(勝利には)及ばなかった。従来なら攻撃的にくるヴェルダー・ブレーメンが10人で後方にいれば、(得点することは)難しくなる。そこでは、我慢をしなければならない- 自分たちは我慢できていた。観衆にとっては面白くない、だけどこれはどうしようもないこと。自分たちは、ブレーメンがオフェンシブにくると考えていたが、彼らはそれをしてこなかった。今、勝ち点2ポイント。これは確実に少なすぎる。」

ファン・ボイテン:「われわれはホッフェンハイム戦よりもいいゲームをしていた。このままレベルを上げていけば、自分たちはいい方向に向かうことになる。」

トーマス・シャーフ(ブレーメン):「結果はオッケー。両チームとも試合を決めることができていた。われわれは自分たちのゲームに満足している。われわれはとても規律をもってプレーしていた、われわれの秩序が根本的に先週よりも良くなっていた。」