presented by
Menu
視線は前に

「自分たちのサッカーはもっと良くなる」

月曜昼、集合写真の場で再び彼らは笑みをこぼすことができた。マリオ・ゴメスが「学ぶ時間となった」という昇格チーム、マインツ05戦1:2の苦い敗戦から2日後、ドイツレコードマイスターの監督および選手たちが午前練習後、FCBパートナーのパウラナーのために、レーダーホーゼを着用し、ミュンヘンのノックヘアベアクでの写真撮影に参加した。

白星のない3試合後、勝ち点2ポイントでブンデスリーガ14位と低迷するなかでも、バイエルンプロ選手の視線は前を向いていた。マインツで「最悪の前半」に試合開始33分に早々とピッチを後にしたハミト・アルティントップは、「われわれは前だけをみている」とコメント。アルティントップは次節の昨季王者VfLヴォルフスブルクとの対決で、敗戦を取り戻すと示唆:「自分たちにとってとても大切な一戦、自分たちはそこで絶対に方向性を示すつもりなんだ。」

ラーム、根気を強調

アルティントップと交代して出場したトーマス・ミュラーも、「このようなシーズンスタートの後には雰囲気も最高ではない、だけど落ち込んでいてはいけないんだ」とアルティントップに賛同した。同19歳の育成選手は、同じように途中出場したイヴィチャ・オリッチのようにこの日、及第点のプレーをみせた選手の一人だった。同ルーキーの可能性のあった同点弾をFSVGKであり、同名のハインツ・ミュラーに防がれた。