presented by
Menu
ファン・ボンメルの怪我の影響

ティモシュチュク「力量を示してみせる」

主将にしてディフェンスの要であるファン・ボンメルが怪我で欠場を余儀なくされる一方、ヴェルダー・ブレーメンをホームに迎える土曜の試合に関し、ウリ・ヘーネスは楽観的だ。ファン・ボンメルの怪我について、「マルクの怪我は非常に残念だ。調子が良かっただけにね。それでも、このような事態が起こったときのため、チームには25人の選手が所属している。そして、今はティモシュチュクがプレーをしているので、特に問題はないだろう。彼は必ず良いプレーを披露してくれるだろう。」と、コメントしている。

もちろん、ティモシュチュクも自身の活躍を確信している。ティモシュチュクは守備的MFのポジション争いでファン・ボンメルにリードを許しているが(ファン・ハール:「ティモシュチュクはお気に入りのポジションでプレーすることは出来ない。ファン・ボンメルがそこでプレーするからだ。」)、是非このチャンスを活かしたいとしている。「これをきっかけに、レギュラーに定着できると固く信じてるよ。」と、ウクライナ代表メンバーとしてトルコと対戦するためにキエフに向かいながらコメントしている。

「全てが新しい」

ただ、ティモシュチュクは、ファン・ボンメルの身に起こった不幸を喜ぶ気持ちは「微塵もない」ことを強調。「一度怪我をしたことのある選手なら、誰でもこの状況がどんなものか分かるんだ。」と話し、キエフに遠征する前にはファン・ボンメルに「出来るだけ早い全快を願う言葉」をかけたとのことだ。