presented by
Menu
「義務を果たせた」

ネッカーエルツ戦のコメント

ハードワークの一戦となった。FCバイエルンは、6部のSpVggネッカーエルツに3:1と勝利して、DFBカップ2回戦進出を果たし、新シーズンを白星でスタートすることになった。だが、カップ戦で最多優勝を誇るバイエルンは予期していたよりも90分を通して勇敢に対抗してきた敗残者に苦戦を強いられた。GKミヒャエル・レンジングは、「次のステージに進出することを喜ぶことができる。自分たちの義務を果たしたんだ」と辛勝にも安堵感を漂わせた。ルイス・ファン・ハール監督は、「われわれの敵はとてもうまく組織され、いいプレーをしていた」と6部のチームを称賛した。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「今日は、4週間半で10試合目 - (試合数が)多すぎる。だからわれわれはいいプレーができなかった。われわれの敵はとてもうまく組織され、いいプレーをしていた。こうなると、いつもゴールを決めるのは難しくなる。前半は、ボールを持ち過ぎて、ボールのないところで走れていなかった。動きがなかった。後半は、いいプレーをしたのではないが、チャンスを活かせれた。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれは次のステージに進出できる、だがもっと良くならないといけない。われわれは前半、ボールを持ち過ぎていた、そしてビルドアップが少な過ぎた。それが悪かったところ、だが、そのなかでもすぐにいいチャンスがあった。われわれはとてもゆっくりだった、ボールが動かなければ、相手にとっては楽なんだ。」

マリオ・ゴメス:「カップ戦の後はいつもこんなもので、これを今日は避けるつもりだった。自分たちは実際、ゲームを早く決めるつもりだった、それができなかった。始めにビッグチャンスがあったんだ、もし、そこでゴールが決まっていれば、また違う展開になっている。いいゲームではなかったし、動きがとても少なく、ボールをとてもゆっくりと回してしまった。そうすると、このようなチームを相手にすると、とても、とても難しくなる、2部または3部のチームよりもね。」

ミヒャエル・レンジング:「次のステージ進出を果たした、これが、大切でこれを目標としていたんだ。とてもハードワークで、相手は自分たちを本当にとても苦戦させた、局面的には自分たち自らが難しいゲームにしてしまった。次のステージに進出することを喜ぶことができる。自分たちの義務を果たしたんだ。」