presented by
Menu
ホームゲーム初戦

バイエルン、「勝敗の分からない一戦」を予期

ピッチの芝生が23mmの長さに刈られ、ラインが引かれ、広告ボードが組み込まれ、座席シートは掃除された – 新シーズンのホーム初戦のために、アリアンツ・アレーナでは準備万端となった。ヴェルダー・ブレーメンが土曜 (15時15分からライブテレタイプとWebラジオで試合中継)、南北対決のためにフレットマニングにやってくる。FCバイエルンはここで、ブレーメンに痛い敗北を喫している。

ちょうど1年前、ドイツレコードマイスターはホームでヴェルダーに2:5と敗れた。屈辱となったとミヒャエル・レンジングは新たな一戦の前に当時を想起した。「悪夢だと考えた。こんなことは決してあってはならない。僕たちはリベンジするつもり。」

昨季の結果は、ルイス・ファン・ハールにとっては重要ではない。同監督は、「選手にとっては大切なこと、自分にとっては大切ではない」とFCバイエルン監督としてブンデスリーガホーム初戦を前に述べた。「ヴェルダー・ブレーメンは昨季のヴェルダー・ブレーメンではない。バイエルン・ミュンヘンも同じチームではない。」

勝ち点3を視野に

2:5の結果よりもファン・ハールの頭を悩ませるのが、週の半ばにあった選手の代表遠征である。「大切な試合の前はいつも難しい」と彼はコメント。彼は全く指導することができず、先週末のホッフェンハイムの1:1のゲームのミーティングも行うことができなかった。それでも同オランダ人は土曜日について心配していない。「自分たちができることを実践すれば、勝つチャンスは大きい。」