presented by
Menu
仕上げの段階

バイエルン、数パーセントを底上げ

ルイス・ファン・ハールはすでに分かっていた。彼の哲学を実践するには、「われわれの準備期間よりも時間がかかる」と同監督は数週間前から強調していた。シーズン始めの2試合が、FCB監督が正しかったことを証明している。2試合後勝ち点2ポイント – ハミト・アルティントップは、「これは最高のものではない」と分かっている、「だけどそれを過大に取りあげるべきではない。自分たちはとても、とてもいい方向に進んでいると自分は信じている。」

この言葉をヴェルダー・ブレーメンとの一戦で1:1と引き分けた始めの30分間が期待させる。ファン・ハールが、「いいサッカーだった」とチームを称賛、「このようなFCバイエルンを私は求めている: 支配して、敵とゲームを制する。」ゴールだけが足りなかった。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「自分たちは決定的なパスをだすこと、そしてシュートまでいくことができなかった」と気がついていた、「まだゴールへの危険性が足りない。」

彼の哲学を浸透させるためには、多くのトレーニングが必要とファン・ハールは強調、しかしながら、ここ最近は彼の思い通りには指導ができなかった。同監督は、代表戦のためにブレーメン戦前の一週間はまとまってプレーさせることができなかった、そして長いこと戦線離脱していたフランク・リベリーが2週間前から復調している。ファン・ハールはようやく仕上げに取りかかることができる。

「数パーセントまだ欠けている」

シュヴァインシュタイガーは、「新システムで、まずは慣れないといけない。もちろん時間がかかる」とコメント。アルティントップは、「自分たちは監督の哲学になじむことになった。数パーセントまだ欠けていることは普通のこと」と述べた、同選手は確信をもって前を見据える: 今後の週でFCバイエルンは、「ゲームを制し、ステップ・バイ・ステップで自分たちの目標を達成して結果を残すことになる。」

バイエルンは土曜のマインツでのアウェー戦、また一歩前進して、シーズン初白星を奪取するつもりだ。シュヴァインシュタイガーは、上位陣に追いつくために、勝ち以外は考えられないと強調:「今、少し気をつけなければいけない。自分たちは土曜、勝ち点3ポイントを獲らなければいけない。」同MFはそれがうまくいくとも信じている。「いい感覚がある。」