presented by
Menu
熱いW杯予選

バイエルン13選手、代表戦へ

ブンデスリーガがスタート - このなか、バイエルンプロ選手の大半が、2010年南アフリカW杯出場を懸けてW杯予選を戦うことになる。今週の土曜(9月5日)と来週の水曜(9月9日)に予選終盤の2試合が行われる - ドイツレコードマイスターの13選手が代表戦に出発した。




クローゼ、ゴメス、シュヴァイニーとラーム - ドイツ代表 -
ドイツ代表チームはグループ4の首位。1試合少ないロシアがドイツを僅差で追走、この土曜日のリヒテンシュタイン戦で勝てば、ドイツに勝ち点1差と接近することができる。ドイツ代表は来週水曜日に、ハノーファーでアゼルバイジャンと対戦、そこで首位を堅守しなければならない。ドイツは3週間前にアゼルバイジャンで試合を行い、2:0と勝利。ヨアヒム・レブ代表監督率いるチームは土曜、W杯開催国南アフリカとレヴァークーゼンで対戦することになっている。

ロッベンとブラーフハイト - オランダ代表 -
バイエルンのオランダコンビはリラックスして、代表遠征に出発することができる。オランダはヨーロッパ一番乗りでW杯出場を決めた。オランダは7戦7勝と非のつけどころのない戦績で、グループ9の1位。そのなかでも同チームは水曜、スコットランド(グラスゴー)でのアウェー戦でも手を抜くつもりはない。というのもスコットランドならびにほかの3チーム(マケドニア、ノルウェー、アイスランド)らも2位になるチャンスがある。オレンジ軍団は土曜(9月5日)、エンスヘーデで日本を迎え、フレンドリーマッチを行う。

オリッチとプラニッチ - クロアチア代表 -
FCバイエルンの両選手にとっては、グループ6の2位を確保することが大切となる。そのため、土曜日のベラルーシ(ザグレブ)とのホーム戦勝利はすでにプラン済みである。その後、ここまでポイントを失っていないイングランドと水曜日にロンドンで対戦することになる。同グループ1位のイングランドがクロアチアに敗れることで首位陥落することはない。今現在、クロアチアは勝ち点7ポイントで2位、ウクライナが勝ち点3で虎視眈々と上位を狙い、同チームはここまで1試合少ない。

ティモシュチュク - ウクライナ代表 -
バイエルン新加入ティモシュチュクは、クロアチアの2人のチームメート相手に、グループ6の2位を懸けて争うことができることを願っている。そのためには、白星が必要だ。勝ち点のないアンドラ(キエフ)とのホームでの対戦では、勝ち点3ポイントが必須となる。ウクライナを追走するベラルーシとのアウェーでの一戦(ミンスク)は難しい一戦となる。