presented by
Menu
ベンチからスタンド

ヘーネス、慣れることが必要

ウリ・ヘーネスは30年以上、ベンチから戦況を追ってきた。30年以上、ピッチサイドから、感情を出し、得点の際には一番に監督に飛びつき、ジャッジミスの時にはラインズマンまた第4審判に異議を唱えた。また、カイザースラウテルンのベッツェンベルクでは相手側のベンチと直接対決することもあった。しかし、これは全てもう過去のことである。

ヘーネスは土曜、バイエルンのブンデスリーガ開幕となった1899ホッフェンハイムでの一戦、初めて新しい場所から観戦することになった。取締役同僚カール・ホプフナーの隣で、彼はライン・ネッカー・アレーナの来賓席に座り、いくらか距離を置いてピッチ上の戦況を追った。同マネージャーは、ルイス・ファン・ハール新監督の隣の場所を新スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーに託した。

ヘーネスは、「そこからはもちろん全く異なる見方、そして違う視点」とコメント、彼がまずは新しい環境に「慣れなければならない」とも吐露した。それに彼はアウェー戦では、「何人かの観衆に従事することに慣れる必要性がある。」しかし、ヘーネスがこの状況を攻略できないようであれば、ヘーネスではない:「ある観衆が私の後ろで、完全に感情的にあるシーンについて不満を言ったとき、彼をきびしく叱らなければならなかった。」

新しい場所、新しい隣人、新しい視点 – しかし、彼の意見のなかで、一つだけ変わらないことがあった。「われわれのチームが今日のように進歩していけば、近いうちに上位に君臨することになるだろう」とヘーネスはコメント。