presented by
Menu
28分間のカムバック

リベリー復帰、歓喜のファンとチーム

フランク・リベリーが興奮したような足取りをみせた。タッチライン際に立ってからすでに3分が経過していた、交代の準備ができていたが、単純にゲームが止まることはなかった。そして、カムバックの時がきた。盛大な拍手と完売のアリアンツ・アレーナのバイエルンファンの「リベリー」コールのなかで、同フランス人はホセ・ソサに代わり、ゲームに入った。

リベリーがピッチに立ってから3分、すぐに彼がFCバイエルンにとってとても大切だということを示した。同選手はブレーメンのペナルティーエリア付近で、ブレーメンのクレメンス・フリッツを振り切り、中央で待つイヴィチャ・オリッチにパス。もしヴェルダーのGKティム・ヴィーゼが同クロアチア人のシュートに対して、抜群のセーブをみせなければ、カムバック後すぐの「アシスト」となっていただろう。

リベリーは、「とても嬉しい」と28分間の出場後にコメント、今シーズン初めてのゲームとなった。「またプレーできることをとても喜んだ。そのほかにも、ファンの出迎えがとても気に入ったんだ。これが出場するにあたって、大きな自信を与えることになったんだ。」

リベリーは嬉しかった、ファンは熱狂し、チームメートも同MFスターの復帰を喜んだ。同点弾のマリオ・ゴメスは、「フランクはリーガ随一の非凡なプレイヤー」とコメント:「もし彼がいなければ、どこのチームでも彼は欠ける存在。だから自分は彼が戻ってきたことを喜んでいる。フランクがピッチにいれば、全く違うダイナミックさと攻撃力がある。」

逆にルイス・ファン・ハールは彼の司令塔に関する至福感に意識をしてブレーキをかけた。「フランク・リベリーはとてもいい選手、しかし彼にはまだ試合勘が欠けている」とファン・ハールは話した。「彼はいいシーンを作りだした、しかしボールを多く失っていた。」リベリーは試合終盤、実際に何度かドリブルでボールを奪われていた。リベリーは、「全力をだすことを試みた、だけど今日はまだいくらか欠けていた」とコメント。