presented by
Menu
ホッフェンハイム対バイエルン

リーガ初戦のコメント

バイエルン首脳陣は笑みと涙でホッフェンハイムでのFCバイエルンのブンデスリーガスタートを振り返った。前半にいくらか問題を抱えるなか、マルク・ファン・ボンメル率いるチームは後半、明らかにパフォーマンスを上げ、勝利に値する試合内容だった。ルイス・ファン・ハール監督は、「チャンスのことを考えるとわれわれは勝たなければならなかった」と試合後にコメント、イヴィチャ・オリッチがFCバイエルン加入後、初のブンデスリーガでの一戦で初ゴールを決めた。

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「われわれは前半、先制したが、あまりいいサッカーができなかった、そして、ボールが明らかにゴールに入っているのに、ゴールにならなかったのはツイていた。後半のチームの出来はとても気に入っている。私はアウェーゲームのような感じがしなかった。試合を完全に制して、ホッフェンハイムは困惑していた。われわれは、本当に勝利に値するチームだったというしかない。私はわれわれが相手を上回るチームだった感じがする。」

ルイス・ファン・ハール:「チャンスのことを考えるとわれわれは勝たなければならなかった。私のチームは前半、サッカーをすることを忘れていた。それを後半に改善できた。ホッフェンハイムは疲れていた、それをわれわれは利用できなかった。後半については満足している。」

フィリップ・ラーム:「自分たちはいいプレーができていなかった、自分たちがやろうとしたことができていなかった。自分たちのパス交換も良くなかった。この数週間でまだ多くのことを改善しないといけない。」

マリオ・ゴメス:「前半、単純にいいプレーができていなかった。後半はよりスペースがあり、確実に少しだけいいサッカーができていて、チャンスを作りだした。結局のところ、勝ち点1で満足しなければならない。」

イヴィチャ・オリッチ:「初ゲーム、初得点、とても良かった。だけど、ゲームに勝てなかったことは悲しいことだ。自分たちは満足していない、だけど勝ち点1もいいこと。」

フランツ・ベッケンバウアー:「始めの20分間は動きが少な過ぎた。ホッフェンハイムは前半、とてもいいプレーをしていた。後半の出来は、とても気に入った。均衡したゲームのなかでバイエルンがよりチャンスを作りだしたからね。それどころか、勝つことができていただろうにね。」

ラルフ・ラングニック:「結果は良かった。いい立ち上がりで、先制しなければならなかった。われわれが一番いい時間帯だったときに失点を喫した。バイエルンは後半、とても強かった。だから、われわれは1:1に満足しなければならない。今季初の公式戦だったこともあり、両チームにとってそこまで悪くないものだった。」