presented by
Menu
ロッベンデビュー戦

ロッベンが2得点

ロッベン、2得点 – 新加入アリエン・ロッベンがデビュー戦で、今シーズンこれまで低迷していたFCバイエルンを救った。前日にレアル・マドリードからFCバイエルンに移籍してきたオランダ代表選手が土曜、VfLヴォルフスブルク戦に途中出場した後、フランク・リベリーのアシストからすぐにデビュー戦ゴールを奪った(68./80.)。

ロッベンはドイツレコードマイスターで成功あるデビュー戦を飾った後、「すばらしかった、試合に出て、すぐに2ゴール。これ以上にないスタートを望むことはできなかった。特別な日になった」とコメント。昨季王者に圧勝した後、同選手はライバルに宣戦布告:「これは始まり、次の試合でもこれを続けなければならない。だから自分はここにいる: タイトルを奪取するためにプレーするんだ。」

同25歳はハーフタイムにハミト・アルティントップと交代し、すぐに右サイドで躍動感のある動きをみせた。FCバイエルンのスポーツディレクター、クリスティアン・ネルリンガーは、「彼が後半にみせたものは、これ以上のことを期待させてくれる」とスピードのあるサイドアタッカーのすばらしいデビュー戦を喜んだ、同選手は彼の個々の活躍よりも、チームの勝利を評価した:「これは自分だけではなく、チーム全体が称賛に値するんだ。自分たちはゲームをコントロールしていた。」

ルイス・ファン・ハール監督は、背番号10をつける同選手を大絶賛した。「2日間のなかではいつも難しいもの。ミュンヘンにやってきて、誰も知らない – もしかすると監督、テレビから選手たちを知っているかもしれない – それからすぐに一緒にプレーしなければならないんだ。そこで彼は結果をだしたんだ: クオリティーを証明したことになる、そして彼がバイエルン・ミュンヘンでプレーすることをとても喜んでいる。」