presented by
Menu
マインツ戦のコメント

FCB監督:「あのような立ち上がりではいけない」

FCバイエルンが、FSVマインツ05とのブンデスリーガ7戦目にして初めて敗れた。土曜日にブルヒヴェークスタジアムで1:2と敗れ、バイエルン監督ルイス・ファン・ハールはがっかりしていた:「われわれが行ったスタートで試合を始めてはいけないんだ」と彼はチームの前半の出来について述べた。「われわれは後半、修正しようと試みた。だが、それはサッカーの世界ではいつも遅すぎることなんだ。」


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「あのようにスタートしたことはとてもがっかりだった。スタートに失敗した。われわれは後半、修正しようと試みた。だが、それはサッカーの世界ではいつも遅すぎることなんだ。始めの1分からスタートしなければいけない。準備期間に何か間違ったことをしたかを自分にも問いかけている。ハードワークと選手を引っ張っていく - これを今やることになる。われわれが行ったスタートで試合を始めてはいけないんだ。それが今日の問題だった。」

フィリップ・ラーム:「アグレッシブさがなくて、間違った考え方で試合に臨めば、マインツでも難しくなる。僕たちは前半、とんでもなくひどいプレーをしてしまった。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「統計的にいけば結局のところ、今日も自分たちが勝っていた。だけど、ゴールを決められず、いつも何もないところから失点を喫している。もっと悪いのは、前半、FCバイエルンに相応しくない情熱のなさでピッチに立ったことだ。」

マリオ・ゴメス:「自分たちは走らなければいけない、これを自分たちは前半しなかったんだ。だから、今日は学ぶ時間となってしまった。」

トーマス・トゥッヒェル (マインツ監督):「今日のチームの出来をとても誇りに思っている。チームのプレーに脱帽している、センセーショナルだよ。前半のゲームはとても気に入った。われわれはバイエルンをわれわれのペナルティーエリアに入らせないようにしたと私は思っている。われわれが2:0とリードしたのは試合内容に値するものだった。」