presented by
Menu
監督インタビュー

「ユーヴェは欧州のトップチームだ」

ハンブルガーSVとの戦いも終わり、FCBの目はすでに水曜に行われるチャンピオンズリーグ戦に向けられている。セリエAで最多優勝回数を誇るユヴェントスをホームに迎え、アリアンツ・アレーナにてCLグループリーグ第2戦を戦うのだ。この試合を前に、FCB監督のファン・ハールがfcbayern.deのインタビューに応じてくれた。ここで監督はHSV戦、ユヴェントス戦、けが人の状況、そしてオクトーバーフェストについて語っている。

インタビュー:ファン・ハール

fcbayern.de:ファン・ハール監督、ハンブルガーSVには残念にも敗れてしまいましたが、失望は大きいですか。
ルイス・ファン・ハール:「非常に大きいね。あれは勝てた試合だったと信じている。われわれはせっかくのチャンスを活かしきれずに敗れ、HSVに6ポイントの差を空けられてしまった。勝てていれば勝ち点でHSVと並んでいたものを。非上位失望しているし、選手にとってもそれは同じだ。」

fcbayern.de:結果とは関係なく、チームのプレーには満足ですか。
ファン・ハール:「マイナス要因としては、チャンスを活かしきれなかったことだ。われわれにはハンブルガーSVよりも多くのチャンスがあったと思うが、それを活かすことができなかった。センターからに集中しすぎて、比較的スペースがあったサイドからの攻撃ができていなかった。それが誤りだった。そのために攻撃面ではあまり上手くいかなかったのだ。ただ、守備の出来は非常に良かった。」

fcbayern.de:この敗戦により、ユヴェントス相手に迎えるチャンピオンズリーグのホームゲームに影響は出るでしょうか。
ファン・ハール:「それはサッカーには付き物だ。チームが試合に敗れると、いつもマイナスの影響が出るものだ。それまでは5連勝できたから、選手たちも自信に溢れていた。試合前には勝利を収めてHSVと勝ち点で並ぶ予定だったのが、結果は6点も離されることとなった。ただ、それでも前に進まなければならないし、幸運にも水曜にはユヴェントス戦が控えている。ここでまた勝つことができるというものだ。」

fcbayern.de:ユヴェントスはどのような相手だととらえていますか。
ファン・ハール:「非常に良いチームだ。週末の試合は引き分けに終わっているとはいえ、調子も良い。相変わらず国内リーグでも上位をキープしているし、ヨーロッパのトップチームのひとつだ。」

fcbayern.de:サッカーにおいて監督は色々な経験を積まれてきましたが、ユヴェントスのようなチームと対戦するのはそれでも特別なものですか。
ファン・ハール:「普通はそのようなことはないよ。私の仕事はチームの準備を行うことで、それはどんなチームと対戦する場合も変わらない。ただ、ユーヴェ相手には良い思い出がないんだ。アヤックス時代にはCL決勝でPK戦の末に敗れている。」

fcbayern.de:マルク・ファン・ボンメル、マルティン・デミチェリスの調子はどうですか。いつごろ復帰の見込みでしょう。Wie
ファン・ハール:「デミチェリスに関しては非常に良い感じだ。今日は久しぶりにチームの全体トレーニングに参加していたが、ブランクがあるにしては良い出来だった。ファン・ボンメルは今週末か来週初めにチームの合同トレーニングに復帰する予定だ。ただ、本格的に試合に起用できるようになるのはまだ先のことだろう。」

fcbayern.de:チームの選手たちとオクトーバーフェストを訪れるのは楽しみですか。
ファン・ハール:「そうだね、特に妻が楽しみにしているよ。非常にきれいなディルンドル(女性用民族衣装)をすでに購入してる。私もレーダーホーゼを買っているし、お祭りは大好きなんだ。オクトーバーフェストを訪れるのをとても楽しみにしているよ。」