presented by
Menu
ユーヴェ戦のコメント

「勝つためにはゴールを決めなければいけない」

不敗続く、しかしFCバイエルンサイドはチャンピオンズリーググループリーグ第2節ユヴェントス・トリノ戦のスコアレスドロー後、満足することはなかった。ドイツレコードマイスターはアリアンツ・アレーナでのグループリーグ戦10試合目も負けなし、しかしユーヴェとの一戦にはより多くのことが含まれていた。バイエルン監督ルイス・ファン・ハールは決定力不足の試合後、「われわれは100%のチャンスがたくさんあった、だけどノーゴール」と不満を呈した。フィリップ・ラームも、「全体的にとてもいいゲームだった、ゴールがなかったのだけが残念」と述べた。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれは前半、トップチームとの対戦で、すばらしいゲームをした、だがわれわれは勝つことができなかった。とても優勢だった、そしてユヴェントスはあまりチャンスを作りだせなかった。今日のような前半の戦いぶりが今季まだなかったと考えている。われわれは100%のチャンスがたくさんあった、だけどノーゴール。とても残念なことだ。だけど、われわれがこのままプレーすれば、これも時間の問題だ。チャンスを逃すことはいつでもあること、これは少しばかり運もある。勝つためにはゴールを決めなければいけない。」

フィリップ・ラーム:「ビッグチャンスを作りだし、最後にはスコアレスであれば、がっかりすることになる。フリーで3度キーパーと1対1となれば、チャンピオンズリーグではゴールを決めなければいけない。自分たちは前半、とても、とてもいいサッカーをして、決定機を作りだした、ゴールも決めないと、とくにチャンピオンズリーグではね。ゴールするために、今日は本当に十分にチャンスがあった。後半は、いくらかミスがでてしまった。だけど全体的にとてもいいゲームだった、ゴールがなかったのだけが残念。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「ユーヴェはいいチーム、だけどバルサやマンUはもう一つレベルが上。勝ち点1ポイントだけを奪取したことは腹立たしいことだ。」