presented by
Menu
「とても満足している」

ドルトムント戦のコメント

FCバイエルンはボルシア・ドルトムントに5:1と勝利し、ブンデスリーガで今季2勝目を挙げた。同時に、ドルトムントでは最多得点での勝利となった。しかし、レコードマイスターの選手たちは試合後、至福感に浸ることにブレーキをかけた。ルイス・ファン・ハール監督は試合後、「前半の15分間、われわれはボールに触れなかった」とコメント。


コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「ほぼチーム全体を水曜日まで代表チームに招集されていると、いつも難しいゲームとなる。そこでは、選手のコンディションがどうなのか正確には把握できない。しかし、チームは後半、信じられないほど良く、力強いプレーをしていた。われわれはとても満足している。」

ルイス・ファン・ハール:「立ち上がりが悪かった。前半の15分間、われわれはボールに触れなかった。後半はチームの個々のクオリティーで違いをみせることになった。ハードな週の後のすばらしいゴールを喜んでいる。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「前半は良くなかった。自分たちはアグレッシブさが十分でなく、相手に寄せることができていなかった。後半は良くなった。結果をみれば、もちろんいい結果ですばらしい得点を決めた、しかし前半の出来を考えれば、自分たちの今季のベストゲームではなかった。後半のようにプレーすれば、勝利することになる。」

ユルゲン・クロップ:「前半はとてもいい出来だった。しかしながら、ボール奪取の回数および対人プレーの勝率から優位に立てなかった。われわれはハーフタイムに多くのことを目標にし、センセーションを起こすつもりだった。しかし、相手の強さ以上の結果になってしまった。」