presented by
Menu
ファン・ハール:

ハイファ戦、トーニ、シーズンスタートを語る

ほぼ7年ぶり(2002年12月)の欧州チャンピオンズリーグ - ルイス・ファン・ハールの思惑どおりにマッカビ・ハイファに3:0と勝利した後、同監督はとくにチームの前半にとても満足していた。

FCバイエルン監督はミュンヘンに帰郷する前に、ゲームについての問いだけではなく、ルカ・トーニのサテライトでの復帰についてもコメント。そして彼は、レコードマイスターでの始めの2ヶ月半をまとめた。

問い: ファン・ハール氏、試合についてどのように満足されていますか?
ファン・ハール:「前半はとても満足している。そこではとてもいいサッカーをして、前半は今シーズンのベストだった。マッカビ・ハイファはいいチーム、だが、われわれはここでとてもいい結果を残すことができた。ユヴェントスとボルドーがここで同じような結果をだせるとは考えていない。」

問い: フランク・リベリーおよびアリエン・ロッベンを途中で交代しました。
ファン・ハール:「リベリーおよびロッベンのためにこのゲームをコンディション作りに利用しなければならなかった。リベリーは常にケガをしていて、まだ90分プレーすることができない。彼は30分、45分とプレーして、今ようやく60分プレーしたんだ。ロッベンはレアル・マドリードで一度も90分プレーしていなかった。ロッベンはフランクよりも問題は少ない。」

問い: FCバイエルンでの始めの2ヶ月半をまとめるとどうですか?
ファン・ハール:「われわれにはとても難しい準備期間があった。しかし、土曜日にニュルンベルクに勝てば、いい序盤戦だということができる。だが、まずは勝たなければならない。」

問い: ルカ・トーニは金曜、サテライトチームでプレーするのでしょうか?
ファン・ハール:「まだ考えなければならない。ルカ自身は、先週のサンドハウゼン戦でプレーするつもりだったんだ。しかし、私は、まずは一週間チームとトレーニングをしなければいけないと考えたんだ。われわれは、トレーニングで全てがうまくいけば、金曜日に最大で45分間プレーできると話したんだ。だが、もう一度、彼と話しをしなければならない。」