presented by
Menu
敵地ドルトムントへ

バイエルン、「ビッグマッチ」を楽しみにする

シーズンがスタートして間もなく、21日間のうちに3度の「英国週間」を含む7試合の熱戦が幕を開ける。W杯予選のために14日間リーガが中断した後、FCバイエルンは土曜、ボルシア・ドルトムント(15時15分からFCBライブテレタイプとFCB.tvのWebラジオで試合中継)で3:0と勝利した昨季王者VfLヴォルフスブルク戦の奮闘を想起し、来週火曜のチャンピオンズリーグ初戦マッカビ・ハイフ戦に向けて勝利を飾るつもりだ。

バイエルンのスポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは、「われわれにとっては今後を決める戦いがスタートする、3日に1試合するペースになる」と8万人と完売になったシグナル・イドゥナ・パークでのアウェー戦を前にコメント。「昨季は2位、ほかのブンデスリーガのチームであれば成功だった。しかし、われわれは2位では満足しない」とネルリンガー、同スポーツディレクターはブンデスリーガで「不十分なスタート」を切った後、目標をこう掲げた:「われわれは成功を得るつもりだ、今こそポイントを奪取しなければならない。」

しかし、ルイス・ファン・ハール監督は、金曜日のチームの前日調整前に、ポイント奪取を実践することは難しいと分かっていた、同監督は、「とくに代表戦の後となると」と強調。「2日間以内で代表選手の焦点をドルトムント戦に向けることは難しい」とファン・ハールはリーガ中断後の短い準備期間を残念がった。

それでも同58歳のサッカー監督は、全てのプレイヤーがケガなくミュンヘンに戻ってきたことを喜んだ。「私は皆が体調万全なことを望んでいる。われわれは彼らがどのぐらい疲労したのかを目にすることになる。」ファン・ハールは、代表選手の全てが2試合にフル出場せず、ゲームから離れてしまったことを残念に思っていた。「これは残念なことだ。」