presented by
Menu
ダービー戦のコメント

ファン・ボイテン:「最後に報われた」

ルイス・ファン・ハールは1.FCニュルンベルクに2:1と勝利した後、「難しかった」と述べた。FCバイエルンは明らかに優勢なチームだった、しかし試合終了8分前までバイエルンダービーは1:1だった。ダニエル・ファン・ボイテンがレコードマイスターを決勝弾で救うことになった。「今日一番大切だったのは勝ち点3ポイント」と同ベルギー人は述べ、「ポジティブだったのは自分たちが、勝つと信じることを一度も止めなかったことだ。最後には報われることになった」と続けた。

コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「とても組織され、そしてとてもディンフェンシブにプレーしてくるチームと対戦するのは難しかった。すでに試合前から言っていたことだがね。われわれは、うまく対応していなかった、しかし、チャンスを作りだし、ゴールを決めたんだ。われわれは一つ大きなミスをしてしまった: 1:0とリードした後に、全ての選手が前線には行ってはいけないんだ。そこではもっと注意深くなければならない。しかし、われわれが勝てたことをとても喜んでいる。そして、勝利に値する内容だったと考えている。」

ダニエル・ファン・ボイテン:「今日一番大切だったのは勝ち点3ポイント。それを達成できて、自分たちは満足している。勝つことは容易ではなかった。ニュルンベルクはとてもディフェンシブにプレーしてきた。自分たちはカウンターに注意しなければいけないと分かっていた。失点の際には、われわれはミスをしてしまった、そのことについては後で話さなければいけない。ゴールまでに小さいが、多くのミスがあった。そのミスをしないようにしなければいけない。われわれはいつものように監督と分析していくことになる。ポジティブだったのは自分たちが、勝つと信じることを一度も諦めなかったことだ。最後には報われることになったんだ。これから大切な試合が続く。今日は、われわれが多くの移動があったこと、そして疲れがあったことが時々分かった。われわれは再び、トップになるつもりだ。」

ヨルク・ブット:「われわれは後半、ゲームを完全に支配していた。失点したことだけで、自分たちのゲームを自ら苦しくしてしまった。その前に、2:0とできるときにしておけば、勝ちは明らかだった。」

ミヒャエル・オーニング(FCN監督):「最後の8分間をもちこたえることができなかったことの失望はもちろん大きい。戦い方からいけば、90分間私のチームにとても満足している。われわれは再三に渡り、規律を守ろうとしていた、われわれは対人プレーに挑み、ゴールチャンスを作りだしたんだ。バイエルンはボールをとてもうまく走らせていた、われわれはとても多く走ることになり、多くのエネルギーを費やすことになった。われわれはいつも後方に押し込まれ、解放されてプレーすることはなかった。私のチームはこのゲームからとても多く学ぶことができる。選手はいいアピールをして、とても強いチームと対抗していた。このような敗戦の日を喜ばなければいけない、そうすれば、ポジティブな見解がでてくる。われわれは勝ち点1ポイントをもう少しで奪えるところだったんだ。あと少しのツキでこれがうまくいくところだった。」