presented by
Menu
CL初戦

マッカビ・ハイファ戦のコメント

チャンピオンズリーグ初戦で勝ち点3 - バイエルンはマッカビ・ハイファとの初戦、3:0で勝利を飾った、しかしルイス・ファン・ハール率いるチームにとってハードワークとなった。バイエルン監督は、「後半は多くのボールを失い、秩序が少しばかりなくなっていた」とコメント、しかし、同監督は同組のユヴェントスとボルドーがテル・アビブで苦戦することになると予言した。


コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「いいスタートだ。これをわれわれは願っていたんだ。ユヴェントスはドロー、だからわれわれはすぐに首位となれた。これが、われわれが想像していたことなんだ。」

ルイス・ファン・ハール:「このようなゲームを予期していた。私は、前半はとてもすばらしかったと考えている、しかし、われわれはゴールを決めることができなかった。後半は多くのボールを失い、秩序が少しばかりなくなっていた。それを私は選手交代で修正し、ゴールを奪取することになった。後半、フランク・リベリーがまだ万全ではないことが分かったはずだ、しかしそれは私も分かっている。彼は自分の準備をブンデスリーガとチャンピオンズリーグの中でやっていかないといけない。マッカビはいいサッカーをするチームだった、ユヴェントスとボルドーがここで勝つことは難しくなると考えている。」

フィリップ・ラーム:「後半の始めに少し問題があったと考えている、そこでは自分たちは少しばかりゲームをコントロールできずにいた。マッカビはそこで彼らのチャンスがあったんだ。そこで自分たちはセットプレーの後に先制し、チームの実力を示すことになった: 前線にスペースがあれば、2得点または3得点はいつも決めることができる。」

ダニエル・ファン・ボイテン:「初戦で勝ち点3ポイント - これが大切だった。われわれは前半、悪くないサッカーをしていた、監督も満足していた。ゴールだけが欠けていたんだ。ハードワークをしたことが、後半に実ることになった。1点目が一番難しかった。今日は、ハードワークで奪取した勝利、しかし自分たちは満足している。」

トーマス・ミュラー:「とても盛り上がりのあるスタジアムで勝ち点3 - 僕たちは満足している。マッカビがサッカーをすることができることが分かった。自分たちは苦戦した。いいサッカーをしていたけど、ゴールが生まれなかったんだ。1点目が入ったときは、自分たちはもちろん嬉しかった。ほかの得点は念のためのもの。チームのために全てを出すことを試みたんだ。自分が2得点したことは、自分にとっては報われた結果だった。」