presented by
Menu
「とっさのこと」

リベリー、今シーズン初ゴール

フランク・リベリー、1m70と72kg、全く違う体格のルイス・ファン・ハール(1m87と97kg) – それでもリベリーは土曜、ファン・ハール監督を揺り動かすことになった。ドルトムントでの3:1となる彼のゴール後、彼は一直線にタッチラインに向かい、ファン・ハールに飛び乗り、彼と抱き合った。ファン・ハールは、「選手が得点後に私と一緒に歓喜することは、いつも嬉しいこと」と後で語り、「しかし、立っているのがとても大変だった」とも続けた。

同オランダ人は揺れるもの、倒れることはなかった。リベリーは笑顔で、「彼の体調は万全」と語り、何故彼が監督の下へと疾走したのかを説明した。「考えていなかった、単純にとっさにしたこと」と彼はコメント、そしてこれまでのフラストレーションを告げた。ケガ(膝蓋腱炎、内転筋、ふくらはぎ)がブレーキをかけ、メディアのなかではファン・ハールへの彼の理解がベストではないとされていた。

リベリーは、「正しくないことがたくさん書かれた」とコメント、彼の歓喜の喜びは監督にとっても同じことだった。ファン・ハールは、「フランクは、彼が監督を好きだということを示したんだ」と笑顔でコメント。リベリーは、彼とチーム全体が新監督に順応しなければならなかったことを告白した。「始めは監督を知らなかったんだ。彼は個性があり、多くのことを要求してくる。だけど、自分たちの間に問題があったことはこれまでに一度もない。」

今では、ファン・ハールの指導の良さがピッチ上でみられるとフランス人は強調。「自分たちはこのような監督が必要だったんだ。彼はとてもインテリジェンスで、とても多くの経験がある。」そして、彼は選手を本当に理解している。「フランクはまだ100%の状態ではない。私が分かっていて、フランクも分かっている – メディアだけがほかの意見」とオランダ人は、リベリーを何故これまでいつも途中出場させてきたのかを説明。

途中出場はドルトムント戦で3回目となった。リベリーは、「45分プレーすることは自分にとってとても良かった」とジョーカーとしての出場を理解していた。彼は分かっている:「まだ試合感が必要、まだ試合をしないといけない。」しかし、同選手は今、スターティングメンバー入りを目指す:「90分プレーできるほど体調が万全か分からない。だけど、スタートからいける準備はできている。ベンチに座ることは、そろそろ退屈になってきた。」

リベリーは試合を通じて、欠けているフィットネスを補うつもりだ。同選手は、「ゴールを決めることはいいことだった」と彼のドルトムント戦での今季初得点について述べた – 20メートルFK弾をゴール隅へ。フィリップ・ラームは、「(ゴールは)非凡なものだった」とコメント。リベリーはすでにバスティアン・シュヴァインシュタイガーの得点にも絡んでいた。ファン・ハールは、「彼はヴォルフスブルク戦と同じく、彼がすばらしいフットボーラーだということを示した」とフランス人を称賛した。

ミュンヘンで契約延長?

すでにFCバイエルンの首脳陣は何度も、2011年で満了する彼の契約を延長したいと説明してきた – リベリーが受入れる態度をとっているアイデアである。「クラブはすでに考えがあり、自分もすでに考えがある。サッカーの世界では、たまに早く決まることがある。小さな話合い、それから決断することができる。」

ミュンヘンは時が経過するにつれて、26歳にとって第2の故郷となっていた。「ここで愛されている感じがある。クラブの上の人間が自分に信頼を寄せてくれることはいいことだ。そして、カムバックしたときのファンの対応も自分にとって良かった。それが選手にとても多くのエネルギーを与えることになるんだ。」