presented by
Menu
CL2得点

ルーキーのミュラー、全ての人を驚かす

先週末にドルトムントで自身初のブンデスリーガ2得点を決めてから4日後、トーマス・ミュラーは火曜夜、マッカビ・ハイファにレコードマイスターが3:0と初戦白星を飾った一戦で自身初のチャンピオンズリーグ2得点を奪った。ミュラーは日曜、20歳の誕生日を迎えたばかりだった。

FCバイエルンの首脳陣は、4日間で2度の大活躍後、2得点のミュラーへの賛辞を惜しむことはなかった。マネージャーのウリ・ヘーネスは、ミュラーに対し、「全ての人にとって大きなサプライズ。20歳にしてとても伸び伸びとプレーしていて、大切なゴールを決めている、ドルトムントで2得点、そして今日もまた2得点 - 人はわれわれの育成部門を祝福することができる」とコメント。「彼の場合、今のところ、全てが順調。」

ミュラーの3部リーガ時代の監督、そして今はトップチームのアシスタントコーチを任されているヘルマン・ゲルラントは、同選手のクオリティーを随分前から気づいていた。「ミュラーは、ゴールを決める選手、常にね。いいプレーができていなくてもだ」とゲルラントは短くコメント。ハイファ戦、ミュラーはハミト・アルティントップを押しのけて先発出場、この決断が正当であることを印象強く示した。

ルイス・ファン・ハール監督は、「ミュラーはとてもいいプレーをしている。今日は、私のベストプレイヤーだった。信じられないよ。彼は日曜日に20歳になったばかりだ」と背番号25にとても満足していることを示した。「もちろん、一人の選手が2度2ゴールを決めれば、とても満足だ。彼はチームのなかでもいいゲームをしていた」と同オランダ人は称賛。ミュラーは、「もちろん、監督とチームが自分を信頼してくれることはいい感じ」といつものように謙虚だった。