presented by
Menu
「今週は良かった」

FCバイエルンの挽回続く

成功で自信が培われる - バイエルンは、オクトーバーフェスト開幕と同時に1.FCニュルンベルクとの一戦に2:1と勝ち、公式戦4連勝した後、ゆっくりと、しかし確実に頂点へと歩んでいる。「マン・オブ・ザ・マッチ」のダニエル・ファン・ボイテンは、「われわれが勝つこと、そして順位を挽回することは大切だった。これからまた前を見据えることになる」とコメント。マネージャーのウリ・ヘーネスは、ドルトムントでの5:1の勝利、ハイファで3:0そしてバイエルンダービー戦での白星について、「今週は良かった」と話した。「3度勝ち、しかも悠々となれば、いいことだ。」

ヘーネスがアリアンツ・アレーナのミックスゾーンでニュルンベルク戦について分析していたときに、満足の表情をみせた - この一戦は「ハードワーク」のゲームとなった。ルイス・ファン・ハール監督は、「とても組織され、そしてとてもディンフェンシブにプレーしてくるチームと対戦するのは難しかった」とコメント。「だが、われわれが勝てたことをとても喜んでいる。そして、勝利に値する内容だったと考えている。」シュート数23:6、コーナーキック数8:2、そしてボール支配率67%の一戦、彼に反論するものは誰もいないだろう。

ヘーネスは優勢だった一戦のなか、「ここで勝ち点2ポイントを失っていれば、とんでもないことになっていた」とコメント。ニュルンベルクのディフェンシブの徹底さに驚いたのは彼だけではなかった:「実際はダービー戦ではなかった。われわれの前に彼らは怯えていた。彼らはコンクリートの壁を敷いていた。これほどディフェンシブにプレーしてくるチームをみたのは稀だ、彼らはリードされた後もそうだった。」

ニュルンベルクがこの戦術でFCバイエルンに問題を与えることができたのは、試合序盤だけだった。トーマス・ミュラーは、「始めの30分間は、自分たちは苦しむことになった。ニュルンベルクは執拗にディフェンスをしてきて、ディフェンスの穴を見つけるのは難しかった」とコメント。ヘーネスは、この時間帯について、週の半ばのイスラエルでの欧州チャンピオンズリーグ初戦を引き合いにだして説明することになった:「われわれのように長距離遠征により、疲労があれば、相手を打ち負かすことができるほどフレッシュではない。」