presented by
Menu
同じ敵、しかし違う大会

「イメージトレ」とともにカップ戦対決

FCバイエルンはアイントラハト・フランクフルトとの初戦に勝利、しかしDFBカップ3回戦の対戦はまた違う一戦となる。マルク・ファン・ボンメル主将は、「異なる大会の違う一戦。土曜日の一戦は忘れることができる」と5万1,500人の観衆で完売になったコメルツ・アレーナでの一戦を前にコメント。

ルイス・ファン・ハール監督も、「カップ戦には独自のルールがある」と土曜日にリーガで2:1と勝利したことにメリットがあると考えていない。しかしながら、5日間の間でのフランクフルトとの一戦の準備は彼にとっていくらか容易になったかもしれない。FCB監督は、「チームは相手の印象および知識が頭のなかにある」とコメント。

ダニエル・ファン・ボイテンの終了間際の決勝弾の瞬間はバイエルンプロ選手の一番の記憶になっている。ファン・ハールは、「私は月曜日のミーティングで勝利弾のときの歓喜の写真をみせたんだ。とてもすばらしかった、私は彼らに彼らがまだこのような瞬間をえることになると話したんだ」と「イメージトレーニング」について報告。

彼のチームは水曜の夜も歓喜となる理由がある、しかしながら同バイエルン監督は本物のカップ戦対決を期待している。ファン・ハールは、「土曜日に彼らを倒すのがどのぐらい難しいのかを目にすることになった」とコメント。それに彼らはリベンジに燃えている。アイントラハト監督ミヒャエル・スキッベは、「われわれは始めの1分からわれわれのチャンスを信じることになる」とコメント。しかしながら同監督のバイエルンとの対戦戦績は決していいとはいえない: 10戦0勝。同監督は、「バイエルンをカップ戦で敗戦に追い込むにはとてもいい一日に当たらないといけない」と知っている、そして彼はこう要求した:「われわれは単純にいいサッカーをしなければならない。」

バイエルンはベルリンに行くつもり

ファン・ハールは、初戦よりも絶対にいいサッカーをしなくてもいいと考えている、しかし彼は、攻撃陣が水曜夜によりゴールを決めることを願っている。フランクフルト戦はバイエルンにとって今大会、通過点に過ぎない。マネージャーのウリ・ヘーネスは、「われわれが次に進むことを望んでいる。ベルリンに行きたいんだ – フランクフルトはまだ道のり半分だ」とコメント。

ファン・ハールは、「われわれは水曜日に負けてはいけない、もしそうであれば大会から姿を消すことになる。われわれはいつも最後まで残るつもりだ」と説明。同オランダ人は、「私はベルリンがとてもすばらしいところだと聞いたんだ」とコメント。恐らく、彼の同国出身のチーム主将からだろう。マルク・ファン・ボンメルはこういう:「われわれは2007年に優勝杯を勝ち取った。ベルリンで決勝を戦えることはとてもすばらしい感覚だ。」