presented by
Menu
「とても満足している」

カップ戦8強進出のコメント

FCバイエルンは土曜日のブンデスリーガでの終了間際の決勝弾後、今回は明らかな差をつけることになった。カップ戦最多優勝を誇るバイエルンは開始30分後、3:0とリードし、4:0と悠々にDFBカップ準々決勝を決めることになった。ルイス・ファン・ハール監督は試合後、「試合の出来にとても満足している」とコメント。



コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「われわれはとてもいいゲームをすることになった。そのため、アイントラハトには勝ち目がなかったんだ。私はこのような強さをイメージしているんだ。」

ルイス・ファン・ハール:「チームの試合の出来にとても満足している、後半30分までは規律を保つことになった。フランクフルトが前に攻めてきたことで、今日はわれわれにとっていくらか容易となった。われわれはとてもいいゲームをしたんだ。どの勝利も自信を培わせることになる。自分たちにとってカップ戦に勝ち残っていることは大切だ。」

ミロスラフ・クローゼ:「われわれは今日、ボールそして敵をうまく走らせることになった。チャンスを活かすことは大切だった。4:0は明らかなスコア、この勝利を今後の試合に結びつけなければいけない。」

トーマス・ミュラー:「自分たちは今日、早い時間帯に先制することになった。これがうまくいった、これが土曜のホーム戦では欠けていたんだ。この後にスペースが大きくなり、ゲームにより楽しみがでてきた、そしてこう気づくことになった: 今日はうまくいっているとね。」

ヘリバート・ブルフハーゲン(フランクフルト代表取締役社長):「われわれは今日、FCバイエルンが全ての面で上回っていたと認めなければならない。残念ながら、われわれはとても圧倒されることになった。」

ミヒャエル・スキッベ(フランクフルト監督):「今日は、始めから最後までクオリティーの違いをみせつけられた。」