presented by
Menu
就任して102日

ネルリンガー、FCB監督の仕事に「とても満足」

新しい仕事に慣れるまで100日という時間がある。これは政治家、経営者およびサッカー監督にも該当することだ。ルイス・ファン・ハールは土曜日でFCバイエルン率いて102日となった - 始めの総括の時期である。同じくFCバイエルンスポーツディレクターに就いてから102日となったクリスティアン・ネルリンガーの総括はポジティブだった。

ネルリンガーは、「どのように仕事が行われているのかをみれば、私はとても満足だ」と「パッサウ」紙のインタビューのなかでコメント。この日々の仕事を結果にすることが大切となる。「ポイントを集めること、そして連勝することをスタートしなければならない。これは今、求められていること、そしてチームにはそれだけのクオリティーがある」と元FCBプロ選手は述べた。

「監督は時間が必要」

FCバイエルンがブンデスリーガ第8節後8位に位置することがネルリンガーを驚かせることはない。「シーズン前に言ったが、ぎこちないスタートを予期していた、選手への要求はとても高く、戦術的なコンセプトがあり、それを実践しなければならない。」チームにはまずはオートマティズムが必要となる、「それができれば、とても成功のあるチームとなると考えている。」

ファン・ハール自身もそれに確信していた。同オランダ人はDSFのインタビューの中で、「監督は時間が必要、そして信頼もだ。もし私に時間が与えてもらえれば、何かを発展させる大きなチャンスがある。私はそれをほかのクラブですでに証明してきた」とコメント、「地元ファンとメディアもルイス・ファン・ハールに信頼を寄せるべきだと私は思っている。」

タイトルはまだ決定していない

FCバイエルン監督はブンデスリーガでの差は広げてはいけないと確信していた。ファン・ハールは、「8ポイントは大きい、それは私も分かっている」とコメント、同監督はFCバイエルンで102日が経った後、時間配分することを知っている:「賞は4月または5月に与えられるんだ、10月ではないんだ。」