presented by
Menu
怒りをこめて

バイエルン、再び勝者の道へ

チャンピオンズリーグ第3節でジロンダン・ボルドーに1:2と敗れた後、FCバイエルンは土曜、ブンデスリーガ第10節アイントラハト・フランクフルト戦で(15時15分からFCB.tvのFCBライブテレタイプとWebラジオで試合中継)巻き返しを誓う。ミュンヘンはブンデスリーガ史上850勝目で上位との差を引き続き縮めることができるかもしれない。

バイエルン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「チームの反応を今、求められている。すぐに土曜からスタートし、フランクフルト戦で勝たなければならない」と5日間で同相手との2連戦となる初戦前にコメント、そしてフランスマイスター戦とは「違うプレー」を要求した。「ボルドー戦の前半より積極的なプレーが必要。」

マルク・ファン・ボンメル主将は、「怒りが込み上げるなかでのチャンピオンズリーグからブンデスリーガへの切り換えはいくらか容易だ」と述べた:「もし負けたら、単純に切り換えればいい。」バイエルンがそのことができることを、フランクフルトは自ら経験することになった: 6ヶ月前、FCバルセロナに0:4と敗れた後、怒りをこめてアイントラハトと対戦し、4:0と勝利を飾った。

ルイス・ファン・ハール監督は、「われわれは人間で、機械ではない。人間はミスをすることがある、それをボルドー戦で目にすることになった」と金曜日の前日調整前に選手に話した、そして、「われわれのミスから学び、ボルドー戦よりいいゲームをすることを期待している。われわれは結果が必要、それを私および選手も分かっている」と同オランダ人は続けた。

1ゴールを守りきるチーム

ファン・ハールはアイントラハトがほかの大抵のチームは違い、アリアンツ・アレーナで後方に下がることはないと予想している。ファン・ハールは、「フランクフルトは、1ゴールを十分に守りきることができるとてもいいチーム」とミヒャエル・スキッベ監督のイレブンについてコメント。同チームは第9節後、勝ち点13ポイントで今のところ、9位につける。

ボルドーでの敗退後、ファン・ハールは選手とのコンタクトを密にしようとしている。同58歳は、「われわれが負ければ、より個々の会話をしていくことになる」と報告。試合の準備は「いつも通り」にやっていくとファン・ハール。同監督は、フランクフルト戦を前に自信をもってこうコメント:「サッカーの世界ではいつもそう: われわれが明日勝てば、また違う世界となる。」