presented by
Menu
決勝弾

ファン・ボイテン、「挽回するつもりだった」

FWルカ・トーニがベンチに下がり、DFマルティン・デミチェリスが出場 – 試合終了4分前、ルイス・ファン・ハールがアイントラハト・フランクフルトとの一戦で勝ち点1を守りきるようにみられた。しかし、実際はそうではなかった。同FCB監督はまだ勝ちを引き寄せるつもりだった。交代と同時に同監督はセンターバックのダニエル・ファン・ボイテンに前線に上がるように指示。ファン・ハールは、「ルカ・トーニの体力が限界だと考えた。そして、私はファン・ボイテンのヘディングの強さを知っていた」と説明、この采配が的中することになった。2分後、ファン・ボイテンが2:1の勝ち越し弾を決めた。

1m96のファン・ボイテンは、「私は監督に数週間前に話したんだ、もし彼が望むのであれば、自分は終盤にいつも前線に上がることができるとね」と語った。「マルティン・デミチェリスが入ってきたときに、監督が自分に前に上がるように指示をだしたんだ – それが実ることになった。監督の直感だったね。」

ファン・ハールはもしかするとDFリーダーのキャリアに目を通していたのかもしれない。同DFはベルギーで長いこと、オフェンシブプレイヤーとしてプレーしていた。ファン・ボイテンは「フランク・リベリーのように」攻撃力があったと語る、同選手は19歳の頃、スポルティング・シャルルロアでブレーク。当時、彼はサテライトで1シーズンに36ゴールを決め、トップチーム昇格、そしてセンターバックとしてキャリアを積むことになった。

個人的な挽回

今現在、ファン・ボイテンがストライカーだった時期を強く感じさせられている。同選手はフランクフルト戦で今季5ゴール目を決め、2006/07シーズンのFCバイエルンでの個々のベスト記録を更新することになった。「今のところ、うまくいっている」と同31歳はコメント、そして彼が、1シーズンに「4ゴールから8ゴール」を目標にしていることを語った。「マルセイユでは、センターバックとして1シーズンに10ゴールを決めたんだ。」