presented by
Menu
主将、再びスタンバイ

ファン・ボンメルとトーニとともにフライブルクへ

FCバイエルンにとっては「いい1週間だった」と、ルイス・ファン・ハールはSCフライブルク戦2日前に語った。シュヴァインシュタイガー、クローゼ、ティモシュチュクら多くの選手たちが水曜日の代表戦、短い時間出場または出場することがなく、レコードマイスターのために力を温存することができた。バイエルン監督にとって最も大切なニュースは、彼がフライブルクでマルク・ファン・ボンメルを構想に入れることができることだ。

9週間半前のブンデスリーガ初戦でFCB主将は親指を骨折、そして足の腱を断裂した。同主将は、「まだ90分間出場はできない」が、少なくともメンバー入りしてくるとファン・ハールは木曜日に話した。もしくは彼はスタートからプレーできるのだろうか?「私は、彼が(スタートから)行くことができると考えている。」

ファン・ボンメルが本当に先発出場することになるかどうかについて、ファン・ハールは確定するつもりはなかった。しかし同FCB監督は、チームにとってどれだけ同主将が重要なのかを疑うことはなかった:「マルク・ファン・ボンメルのようなプレイヤーはとても大切。彼は-コーチングでも-規律を守らせなければならない。」このような選手がチームにこの数週間、欠けていた。