presented by
Menu
バイエルン - フランクフルト

ファン・ボンメル:「意地をみせた」

逆転勝利、再び差を縮め、DFBカップ3回戦に向けて準備は整った: FCバイエルンはダニエル・ファン・ボイテンのゴールにより、5日間のうちにアイントラハト・フランクフルトと2連戦となる初戦に2:1と勝利した。驚きのビハインド後、チームは「意地」(ファン・ボンメル)をみせ、そして勝利を引き寄せた。決勝弾を決めたファン・ボイテンは、「われわれは絶対に勝つつもりだった」とコメント。


コメント一覧

ルイス・ファン・ハール:「14回ほどチャンスがあれば、ツイていた勝利だったといえばいいのかは分からない。フランクフルトは彼らのファーストチャンスをすぐに決めた。その後は、全てを出すための強いメンタルがわれわれにはあった。われわれはツキを引き寄せたんだ。今日、前半はとてもいいプレーをしていた、しかし、われわれはチャンスを活かすことができなかった。多くの選手が後方にいるチームを相手にチャンスを作りだせることは、とてもいいことだ。最後に勝つことができた、私は勝利に値する内容だったと考えている。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれは前半、決めなければいけない得点機が5、6回あった。決めていれば、試合は自分たちにとって楽なものとなっていた。しかし、われわれはビハインドを許し、そこで自分たちの意地を示すことになった。それをわれわれはやり抜いたんだ。」

ダニエル・ファン・ボイテン:「フランクフルトは彼らのファーストチャンスで得点を決めた。もちろん重圧は大きくなった。しかし、それが自分たちをより前に進めることになったんだ。自分たちは絶対に勝つつもりだった、そしてよりリスクを冒し、チャンスが来たんだ。最後には勝ち点3ポイントを奪取することができた。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「フランクフルトがここで先制するとは誰も予期していなかっただろうね。呪いのようなものだった。自分たちはゲームを制し、ボールを支配し、多くのチャンスがあった – そして相手は一度前に上がってきて、ゴールを決めたんだ。それから自分たちは前線に総攻撃をしかけたんだ、勝ちに値する内容だった。今日は勝ち点3ポイントが大切だった。まだまだ状況はよくない、しかしいくらか良くなっている。自分たちはウィンターブレイクまでに全てのポイントを奪うつもり、それが自分たちの目標。」

ミヒャエル・スキッベ:「われわれは今日、十分に解放されるまでには至らなかった。私のチームの運動量および戦う気持ちについてはとても満足している、われわれはできる限り対抗したんだ。しかしながら、長い時間帯、ビルドアップ時に単純にボールを失っていた、そして3、4回ほどいい攻撃があった。そのほかはわれわれには長いこと、ゲームを作る勇気がなかった。バイエルンの勝利は当然のもの、もしかすると、水曜日によりうまくいくかもしれない。」