presented by
Menu
「喜んでいる」

フライブルク戦のコメント

無得点に終止符 - 3試合白星がなかった後の勝利。 FCバイエルンはブンデスリーガ第9節、昇格チームのSCフライブルクに2:1と勝利。ルイス・ファン・ハール監督は試合後、「喜んでいる」とコメント。しかし同オランダ人はロスタイムの失点に、「とても憤慨」していた。




コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「喜んでいる。前半はゲームをコントロールして、全くチャンスを許さなかった。われわれは後半、ゲームを制していたが、追加点を奪うことを逃してしまった。失点についてはとても憤慨した。失点は絶対にしてはいけなかった。しかしながら、チームの全体の出来には満足している。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれはとてもうまく組織されていた、が、あまり多くの得点機を作れなかった、フライブルクのようなチームとの対戦ではよりチャンスを作れるはずだった。われわれはいくらかサイドを早めに変えなければならなかった、そこから先制点が生まれたようにね。われわれの前には得点を決めてくれるいいFWがいる。後半はいくらかうまくできて、ツキのあるゴールもあった、しかし最後は失点してはならない。」

ロッビン・ドゥット(SCフライブルク監督):「2ゴールを自ら与えてしまい、ゲームに満足することはできない。バイエルン自身は自らゴールをほぼ決めていない。0:1の時には2度セーブしていた、2点目については語る必要は全くない。そして、2ゴールをプレゼントすれば、出来に満足することができないものだ。バイエルンの勝利は正しいものだ。」