presented by
Menu
FCB、前に進む

ヘーネスが称賛:「チームは生きている」

神経をすり減らすような一戦およびダニエル・ファン・ボイテンの試合終了前の決勝弾後、取締役同僚カール・ホプフナーと一緒に抱き合って喜んだウリ・ヘーネスは少しばかり一息つく時間が必要だった。「すぐに戻ってくる」とヘーネスは彼を待つジャーナリストらに話し、試合終了後にアリアンツ・アレーナのミックスゾーンを抜けて、ロッカーロームへと足を運んだ。それから15分後、彼は再び姿を現し、客観的にそして落着いてこの日の午後のゲームを分析した。

ヘーネスは、「この2:1のスコアは最低でも試合の経過に相当する。4:1または5:1であれば、より正当なものだった」とアイントラハト・フランクフルト戦に勝利した後にコメント、「われわれは今のところ、結果をだし、そして自信をとり戻すことを考えなければならない – それには、今日もあったが、少しばかりのツキも含まれる。」

確かなツキと猛追が実ったときであった。ボルドーで1:2と失望の出来から3日後、ルイス・ファン・ハール監督率いるチームはいい反応をみせ、前半に絶好の得点機を6度ほど作りだし、一時ビハインドを許したときもゲームを投げ出すことはなかった。ヘーネスは、「チームが生きていて、チーム内に多くの魂が潜んでいる感覚があるんだ。0:1の後のようにね、それが私にはとても気に入ったんだ。われわれはセンセーショナルな反応を示した」とコメント。フィリップ・ラームは、「チームは士気を示し、最後まで全力で行けるだけの力があった」とコメント。

バイエルンの優勢は明らかだった。ゴール数25:9、コーナーキック数9:3、クロス数15:3およびボール支配率59パーセント。ここにルカ・トーニのポスト直撃のシュートが加わる。今季、ポストに直撃したシュートはこれですでに7度目を数える。ヘーネスは、「われわれは今のところ、得点機を決めるのに冷徹さに欠けている」とコメント。1:1のときの通常ではない途中交代が大事な勝利を呼びこむことになった。

ルイス・ファン・ハールは終了4分前、センターフォワードのルカ・トーニをベンチに下げ、DFマルティン・デミチェリスを投入 – そしてファン・ボイテンに最前線に上がるように指示をだした。同DFリーダーは後半43分、歓喜の決勝弾を奪い、ファン・ハールは人差し指を額に何度かあて、ゴールを喜ぶことになった。「このような交代でゲームに勝てるのであれば、そうするよ」とファン・ハールはコメント、同監督はそれまでにアリエン・ロッベンとマリオ・ゴメスを投入し、「賢明さ」を証明していた。

ロッベンは後半25分、アレクサンダー・マイアー(60.)がアイントラハトに驚きの先制弾をもたらした後に同点ゴールを決めた。ヘーネスはこのゴールはゴメスのものだと語った。「ロッベンのゴールは誰でも決めていただろう、しかしその前のヘディングは違う。1:1のゴールはマリオのゴール」と同マネージャーはコメント、そしてこう確信していた:「同点弾に絡み、そして勝利のきっかけを作ったことが彼を救うことになる。」

ヘーネスは、フランクフルトの先制弾およびファン・ボイテンの決勝弾の間に「少しばかり腹痛があった」と告げ、「(腹痛は)久しぶりのことだ。だから、われわれが最後、ゲームに完勝したことにより、大きな安堵感があった。」同点または敗戦により、FCバイエルンに対する公での重圧はとても大きくなっていただろう。しかし、ファン・ハールとチームはブンデスリーガで追撃をすることができた。