presented by
Menu
ミュンヘンに帰還

ポルディー、「特別な一戦」を楽しみにする

FCバイエルンを退団してからわずか4ヶ月後、ルーカス・ポドルスキーがミュンヘンに戻ってくる。同選手は土曜、1.FCケルンとともにアリアンツ・アレーナでアウェー戦を戦う、そして古巣スタジアムでの一戦で目標を掲げた。「ポルディー」は、「自分たちにとってはとても難しいゲーム。だけど、いいゲームを示し、可能性があれば勝ち点3ポイントを奪取するためにミュンヘン入りするんだ」と彼にとって「とても特別な一戦」を前にコメント。

彼は3年間、レコードマイスターのユニホームに袖を通し、2008年にチームとともに国内2冠を達成した。しかしながら、彼はFCバイエルンで定位置確保できなかったこともあり、今夏にケルン復帰となった。

ポドルスキーは、「ミュンヘンで世界のベストプレイヤーと力比べをしてきた、そして成長したんだ。そこには多くの友人がいるから、再会が楽しみ」とコメント。同選手は今、FCが再び順位を上げられるように貢献するつもりだ。シーズンスタートは、ケルンのプラン通りとはいかなかった。第7節後、同チームは勝ち点4ポイントで17位。ポドルスキーは、「下位から早く抜け出すように、全力を尽くす」と約束した。

同選手は、ケルンがミュンヘンで勝利した2:1の一戦、数週間ケガで戦列を離れた後にバイエルンチームで復帰を飾った。「昨年はFCがミュンヘンで勝利した。その可能性はまたある」とポドルスキーは信じていた。