presented by
Menu
ロッベン、驚異のカムバック前

リベリー、復帰未定

FCバイエルン、当初恐れていたよりも随分早くにスターFWアリエン・ロッベンを起用することができる。ちょうど2週間前に右ひざの炎症により手術を受けた同オランダ人は、もしかするとこの土曜日のフライブルクでのブンデスリーガで再びメンバー入りする可能性がでてきた。ルイス・ファン・ハール監督は木曜、「ロッベンは信じられないほど早くに復帰してきた」と示唆した。

ロッベンは水曜、集中的にトレーニングを行った。もし、このまま異常がなければ、彼は「土曜、少なくともベンチに座ることになる」とファン・ハール。ロッベンは2週間前のチャンピオンズリーグ第2節ユヴェントス・トリノ戦でひざを負傷、すぐに手術を受けることになった。医療部門からは当時、復帰までに3から4週間はかかるとみられていた。

リベリー、強まる心配

FCバイエルンは、もう一人のサイドアタッカーであるフランク・リベリーをいつから起用できるかは未定だ。ファン・ハールは、「私は彼を途中から、そして始めから出場させた、だがケガがまたもや再発してしまった。われわれは、彼と一緒にやっていく前に、まずはケガを完治させなければならないと話しをしたんだ」とコメント。

リベリーはプレシーズンから左ひざの膝蓋腱炎に悩まされ、再三に渡りこのケガが彼を休養に追い込んでいる。第2節のヴェルダー・ブレーメン戦でカムバックをした後、フランス人は、3:0と勝利したヴォルスブルク戦にジョーカーとして出場する前の、アウェーでのマインツ戦に欠場していた。

ファン・ハールは、「フランクは今、筋力もつけなければならない。ケガをした足の筋肉が健康な足よりも少ない」と報告、「それは良くないことだ。これにより、彼の体への負担が均等にならない。しかし、腱の問題があるときはそこをトレーニングするのはとても難しい。」FCバイエルンの医療部門はリベリーの場合、治療およびリハビリとのバランスが大切とFCバイエルン監督は説明した。