presented by
Menu
ロッベン手術

リベリーとファン・ボイテンが負傷

アリエン・ロッベン、3-4週間ほど戦線離脱 – チームドクターのハンス=ヴィルへルム・ミュラー=ヴォールファートの下での精密検査の結果、膝の腱に炎症があることが分かった。

ロッベンは木曜、アウグスブルクへと足を運ぶことになった。同選手は同日、または金曜日に手術を受けることになる。ルイス・ファン・ハール監督は、「そこまで重いケガではない。半月板と腱は大丈夫」と診断の結果後にほっと胸をなでおろすことになった。試合日程が監督の頭をよぎることになった:「来週、代表戦でリーガが中断することもあり、ツキもある。」

リベリーとファン・ボイテンも負傷

もう一人のサイドアタッカーにも問題が生じていた。フランク・リベリーはユヴェントス戦を負傷なしで乗りきることができず。同フランス人は膝蓋靭帯炎を再発させた。ファン・ハールは、「ロッベンとリベリーは確実に欠場する」と土曜日の1.FCケルンとのブンデスリーガについてコメント。従来であれば、ファン・ハールは、ケガはサッカーにつきものだということで受入れる。「しかしロッベンとリベリーがケガをしているとなれば、難しくなる」とバイエルン監督。

同じようにケルン戦の出場が微妙なのがダニエル・ファン・ボイテン。足のケガのために同ベルギー人は木曜、トレーニングをすることができなかった。ファン・ハールは、「戦場だった」と3人のケガ人をだすことになったユーヴェ戦をまとめた。