presented by
Menu
デミチェリスが復帰

ロッベンは欠場、ブラーフハイトは様子見

アリエン・ロッベンの復帰はさらに先延ばしとなる。ルイス・ファン・ハールはフライブルク戦でのロッベンの起用を望んでいたが、さらには水曜に行われるチャンピオンズリーグのボルドー戦への出場も不可能となった。

ロッベンは月曜にチームトレーニングに参加せず、その代わりにリハビリ担当のトーマス・ヴィルヘルミの指導の下、60分の個別トレーニングを行った。チームがボルドーへと遠征する間、ロッベンはゼーベナー・シュトラーセで個別トレーニングを行い、木曜にはチームに合流できる予定だという。

ロッベンのほか、フランク・リベリー(ひざ)もボルドー戦に出場することができない。リベリーの復帰がいつになるかは、現時点では定かではない。また、エドソン・ブラーフハイトの起用もまだ不確かだ。一方、マルティン・デミチェリスは手術から10週間ほどでまたチームに復帰している。