presented by
Menu
VfB - FCB

第85回南ダービーのコメント

VfBシュトゥットガルトとFCバイエルン間の第85回の南ダービーがスコアレスドローで終了した後、両サイドはこの結果に満足することになった。FCB監督ルイス・ファン・ハールは、「われわれは悪くないゲームをした、しかしわれわれの攻撃には第3および第4の攻撃が少なかった」と述べた。VfB主将のトーマス・ヒツルスベルガーは、「今の段階で、バイエルンを相手にこのドローは部分的に成功だ」とコメント。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「私は、引分けは適切だと考えている。われわれはよりゲームをコントロールしていた、しかし多くのチャンスを作りだせなかった。だけど私は満足している。われわれは今日、フランクフルト戦よりも苦しむことになった、シュトゥットガルトはうまく組織して、そして全てを出してきたからね。われわれは悪くないゲームをした、しかしわれわれの攻撃には第3および第4の攻撃が少なかった。もしそれがうまくいかなければ、ゴールも決めることができない。」

マリオ・ゴメス:「もちろん自分にとっては感動的なものだった、それを抜きには語れない。プレーできたことはすばらしいことだった、しかし勝ちたかった。ほかの上位にいるチームが今日、勝っていないこともあり、ここで大きなステップアップとなることができていたんだ。シュトゥットガルトは今日、とてもいいゲームをして、とてもいい戦いをしていた。われわれには多くのチャンスがなかった、だけどシュトゥットガルトも始めの15分を除いて、チャンスは少なかった。両チームのペナルティーエリア間で攻防が繰り広げられたゲームだった。0:0は内容に値するものだ。勝ち点1に自分たちは満足しなければならない。」

マルクス・バッベル:「少なくとも戦った部分はセンセーションだ。彼らは本当にすばらしい戦いをみせてくれ、ゴールチャンスを作りだした - だが残念ながら、そのチャンスを活かせず、そして勝ち点1で満足しなければならない。私の思った通りのサッカーではなかったが、われわれの状況では普通だ。ファンはチームがハードワークをして、勝つことを試みることをみたいんだ。彼らは常に戦い、そしてそれが報われたんだ。だから、彼らが試合の前にファンの下に行ったことはとても大切だった。」

トーマス・ヒツルスベルガー:「今の段階で、バイエルンを相手にこのドローは部分的に成功だ。われわれはいい戦いをした。ゴールを決めるには、少しばかり前線で何かが欠けていた。しかし、自分たちがまた戦うことができること、そして最低限のことができることを周囲は目にすることになった。もしかすると、このゲームが再び上位へのきっかけとなるかもしれない。」