presented by
Menu
「このグループは難しい」

FCB、決定力不足とケガの不運重なる

バイエルンが相手のコーナーキック後、速攻をしかけたときには、ロスタイム2分が過ぎ去っていた。フランク・リベリーはイヴィチャ・オリッチを走らせ、同選手はクリスティアン・ポウルセンに寄せられるもの、ユヴェントス・トリノの最後のDFを前にしていた。同クロアチア人がダッシュをしたときに、ハワード・ウェブ主審の試合終了の笛が鳴り響くことになった。バイエルン監督のルイス・ファン・ハールがベンチに居続けることはなかった。同監督は憤慨し、第4審判に詰めより、声を荒げて抗議、しかし結果が変わることはもちろんなかった。

ファン・ハールが感情を露にしたことを理解することができる。彼のチームは60分以上に渡り、すばらしいサッカーを展開し、イタリアのチームを制していた。しかしながら、最後はスコアレスドロー。ファン・ハールは試合後、「今日のような前半の戦いぶりが今季まだなかったと考えている。われわれは100%のチャンスがたくさんあった、だけどノーゴール。とても残念なことだ」と失望感と満足感が入り交じっていた。

ウリ・ヘーネスは、「われわれは前半、チャンピオンズリーグで名の知れたチームに対して、多くの決定機があったことはすばらしいことだ。だが、われわれは得点することがなかった、そのほかについてはチームの出来にとても満足することができる」とコメント:「前半はずば抜けていた。われわれはハイレベルのなかで対等にやれることができることを目にすることになった。」1ゴールだけが欠けていた。ミロスラフ・クローゼは、「自分たちを非難するとしたら、それが唯一のこと」とコメント。

フィリップ・ラームは、「僕たちはユーヴェを制していた」と誇り高く語った、だが、多くの得点機を逃したことに怒りがこみあげていた:「フリーで3度キーパーと1対1となれば、チャンピオンズリーグではゴールを決めなければいけない。普通ならこれほど多くのチャンスはないんだ。自分たちは先制しなければいけなかった。」

バイエルンはとくにハーフタイム前、可能性のある白星を手放した。トーマス・ミュラー(4.)、局面的に一流のプレーをみせたフランク・リベリー(18.)とクローゼがいくつかのシーンでボールをゴールに決めることができず。クローゼは、「全てしっかりと崩した、フリーランニングもできていた – 後はボールをネットに転がさないといけない」とコメント、同選手は後半15分、チームの最大のチャンスを逃していた。