presented by
Menu
30年の情熱

ウリ・ヘーネス – マネージャー、空想家、実力者

ウリ・ヘーネスはこの30年間、FCバイエルンの発展に貢献。クラブは彼の指揮の下、世界のブランドとなった。彼が今後、クラブ会長および監査役長として第一線から退くことになっても、一つだけ確実なことがある:「ウリ・ヘーネスはこれまでのようにアクティブではなくなる、だが、今の私よりもアクティブだろう」と先任のベッケンバウアーがコメント、そしてこう付け加えた:「私は、FCバイエルンのためにもいいことだと思っている。」fcbayern.deはヘーネスのキャリアをまとめてみた。

ウリ・ヘーネスが1979年5月、FCバイエルン・ミュンヘンのマネージャーに就任した際に、2つのクエスションが存在した: 数週間前にヒザを故障し、プロとしてのキャリアを終えたばかりの27歳がマネージャー?そして、特に、彼にFCバイエルンのマネージャーを任せられるのか?

ウリ・ヘーネスは当時、このクエスションに - 今日誰もが彼のことを知っているように – 明確に答えをだすことになった: 年齢ではなく、実力が決めて。当時、2つの懸案があった。バイエルンは5年ほどドイツマイスターから遠ざかり、クラブには600万マルクの負債があった。経済的に成功するように、FCバイエルンはブランドになる必要があった: ドイツのベストクラブ。

ウリ・ヘーネスは単純だが、持続性のある綿密なコンセプトを手がけることになった。彼がこのコンセプトに妥協することはなかった。収入を超える支出はなく、クラブの資本は歳月をかけて膨大なものとなった。3度ほど敗れたヨーロッパカップの決勝時にも、クラブの経済面を弱体させ、スポーツ面での成功を優先しようと彼を戸惑わせることはなかった。いつの日か、在職30年とブンデスリーガの最先任マネージャーとなった。

空想家

80年代終わり、ブンデスリーガではマーチャンダイジングが資金獲得のために魔法の言葉となった。すでにこのとき、FCバイエルンは市場に着手していた。ウリ・ヘーネスはこの傾向に一番始めに気づき、早くからこの構造を手がけていた。

ウリ・ヘーネスは就任した当時から、通常の経済およびサッカーを結びつけようとしていた、とりわけ収入と支出に関連する商業取引のように。ブランド形成およびパートナーシップにおける彼のフィロソフィーが今日、スポンサーシップとして活きている。

ウリ・ヘーネスは早くから洞察し、この数十年ミュンヘンで取り上げられていた大きな出来事であるオリンピック開催都市に世界的有名なスタジアムを建設することもについても話していた: 1989年当時、バイエルンにはサッカー専用スタジアムが必要。

社会奉仕者

FCバイエルンには、新参者はすぐに学ぶルールがある。このルールとは、問題が生じたときには、マネージャーに電話をするというものだ。FCバイエルンで働く誰もが彼の人間性を評価し、FCバイエルンを去る者のなかで、マネージャーについて悪く話す人はいない。ほかのドイツクラブではないほど、FCバイエルンは経済的に問題を抱え、衰退しているクラブそして一般的な慈善活動も助成してきた。

ウリ・ヘーネスはキャリアを積むことにより、多くのものを後にしてきた。このため、彼が目を背けたことはこれまでに一度もない。