presented by
Menu
「彼らを頼りにする」

ゴメスとオリッチが新コンビを形成

ここ数週間ほど、ルイス・ファン・ハールはいつも同じことを口にしてきた。「チャンスがあった、しかしゴールを決めることができなかった。」または:「ゴールを奪えなかったのは残念だ。」または:「ゴールを決められなかったのは、がっかりだ。」または:「もっと得点がとれていたはずだ。」ハノーファーでは、ファン・ハールはこれまでの言葉をまとめることになった:「われわれには再び得点を決めるストライカーがいる。」

FCバイエルンは3:0とハノーファーで勝利、9月中旬以来の快勝、そしてバイエルンの攻撃がカムバックしたときだった。スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは、「自信を培い、そしてすばらしいプレーをしたゴメスとオリッチという2人のストライカーがピッチにいたことを喜んでいる」とコメント、「今後の数週間、われわれは彼らを頼りにすることになる。」

この数ヶ月お互いに試合を観戦しなければならなかったマリオ・ゴメスとイヴィチャ・オリッチ(オリッチはケガ、ゴメスはリザーブ組)が揃って得点を奪った。オリッチはハノーファーで先制点をアシスト、そして2得点目を自ら決め、ゴメスが3:0となるダメ押し弾を決めた。ネルリンガーは、「彼らはハードワークをしていた、それが報われたんだ」と述べた。

ハノーファー戦の4日前、オリッチとゴメスはマッカビ・ハイファ戦でドイツ‐クロアチアFWコンビを形成。オリッチが決勝弾を奪った。この先制弾はゴメスのシュートがきっかけとなった。筋断裂してから6週間後、オリッチは復帰後初先発ですぐに結果をだした。それ以来、レフティーはバイエルンの4得点中3得点に絡んだ(2ゴール、1アシスト)。

「夢のよう」、しかし偶然ではない

オリッチのこのカムバックは「夢のよう」、しかし偶然ではない。というのも、同30歳はケガをしている期間、ハードにトレーニングをしてきたことを明かした。そして、「自分が全てをやってきたと分かっていた」と再び自信をもってプレーをすることができた。常に動き回り、対人プレーに恐れず、そして常にゴールおよびチームメートを視野に入れてきた – オリッチはすぐに元のフォームを取り戻すことになった。トーマス・ミュラーは、「単純にそうなんだ」と気がついていた、「彼は始めの1分から最後の1分まで走るんだ。」ファン・ハールはこう付け加えた: 「彼は常に輝いている、それも大切なこと。」

ハイファ戦の81分間のカムバック後(ファン・ハール: 「信じられないこと」)の疲労がオリッチを治療に専念させることになった、特にふくらはぎ、太ももそして腰と彼は報告。「ハノーファーでの一戦が日曜だったのは良かったこと。それにより、1日多く時間があった。土曜の夜、すでにいい感じだった。」そして日曜日、「動き回り、ハードワークをしていた(フィリップ・ラーム)」オリッチは85分間出場することになった。

ネルリンガー、ゴメスを称賛