presented by
Menu
バイエルン - シャルケ

シャルケ戦のコメント

勝ち点3ポイント奪取ならず - 再び優勢となり、いくつかの得点機があり、心をひきつけるパフォーマンスにも関わらず、FCバイエルンはホームでのFCシャルケ04戦で1:1の引き分けに甘んじることになった。FCBマネージャーのウリ・ヘーネスは、「結果には満足することができない、しかしボルドー戦に比べ、この一戦はすでにパフォーマンスが上がっていた」と試合後にコメント。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれの目標はシャルケを倒すことだった。それがうまくいかなかった。われわれは始めの10分間、いいサッカーをしていなかったが、その後はとても優勢だった。われわれは得点機があった、しかしいつも2、3または5センチ足りなかった。これを変えなければいけない。後半に得点を決められなかったのは不満となることだ、われわれがゴールを決めていてもおかしくなかった。」

ウリ・ヘーネス:「われわれがホームで勝てなければ、基本的に満足はできない。チームへの重圧が大きいことに気がつくことができた。序盤はよくなかったが、先制してからよくなった。そしてわれわれは失点を許すことになったんだ。私はかなり確信していることがある: われわれが1:0で前半を折り返していれば、このゲームに勝っていただろう。われわれは今のところ、単純にツキがないんだ。シャルケはハーフタイム前に、2度もゴールライン上でクリアしていた。結果には満足することができない、しかしボルドー戦に比べ、この一戦はすでにパフォーマンスが上がっていた。」

フェリックス・マガト:「結果にとても満足している。そして出来にも満足している。われわれはわれわれの出来ることを実践したんだ。私は、われわれがいい立ち上がりの後に前線へとプレーする勇気がなかったことが少し残念だ。それからわれわれは少しずつゲームを手放すことになり、対応することになった。われわれは後半、プレッシャーがかかっていた。だが、いい守備をして、多くのチャンスを許すことはなかった。だから1:1に相応するゲームだったんだ。」

ジョル・マティップ:「このスタジアムですばらしい経験をすることになった。ファンがとてもすばらしく、単純に一流だった。自分の出場は少しばかりあると思っていたが、自分も驚くことになった。私は監督が自分にチャンスをくれたことを嬉しく思っている。全力をだし、自分の役目を果たすんだと彼に言われたんだ。」