presented by
Menu
「とてもいい1週間となった」

ハノーファー戦のコメント

チャンピオンズリーグ第5節マッカビ・ハイファ戦の勝利、協調的な年総会およびハノーファー96の3:0の勝利 – ルイス・ファン・ハールは試合後、「われわれはとてもいい一週間を送ることができた」と喜び、「この勝利、そしてマッカビ・ハイファ戦の勝利はバイエルン・ミュンヘンの強さを示すことになる」と続けた。GKヨルク・ブットはこう述べた: 「このように秩序のあるプレーをみせ、前線では今日のようにチャンスをしっかりとものにすれば、われわれ相手に勝つのは難しくなる。」


コメント一覧:

クリスティアン・ネルリンガー: 「われわれにとって、もう一度ラストスパートをきるのにいい出発点となった。」

ルイス・ファン・ハール: 「われわれはとてもいい一週間を送ることになった。チャンピオンズリーグ、そしてブンデスリーガでも巻き返しを図ることができた。今日はとても強い中盤の連係を目にすることができた。そして、われわれには、得点を決めるFWがいる。この勝利、そしてマッカビ・ハイファ戦の勝利はバイエルン・ミュンヘンの強さを示すことになる。」

ヨルク・ブット: 「われわれはスタートからとても集中してプレーしていた、始めの1分からとても強い圧力をかけた、そして後方をしっかり固めることができた。このように秩序のあるプレーをみせ、前線では今日のようにチャンスをしっかりとものにすれば、われわれ相手に勝つのは難しくなる。」

マリオ・ゴメス: 「前半はボールを多く失っていた。そのことにより敵はチャンスを得ていた、ヨルク・ブットがこれをとてもうまくセーブしてくれた。後半は圧倒的なゲームだった。われわれは最後までとてもいいゲームをした。きっと、もっといいカウンターができたと思う。だけど、われわれは満足しなければならないと考えている。われわれの目標である首位に近づくことを、われわれのライバルが敗れたことで達成できた。」