presented by
Menu
FCB、代表選手抜き

パワー、スタミナ、戦術、テクニック、ゲーム

FCバイエルンではこの状況をよく把握している、いつも、ブンデスリーガが中断となり、そして代表選手が各代表に合流することになると、クラブのコーチングスタッフの下には数人の選手しか残らない。この状況は今週も大きく変わることはなかった。

6人のフィールドプレイヤー – ルカ・トーニおよびハミト・アルティントップ – 3人のキーパーが火曜朝、ゼーベナー・シュトラーセでトレーニングをするために集結することになった。少し離れたところではイヴィチャ・オリッチがリハビリトレーナーのダーシー・ノーマンとともに彼のカムバックに向けて汗を流していた。同クロアチア代表FWは、来週からチーム練習に合流できることを望んでいる。

レコードマイスターにとって、ブンデスリーガ次節の首位バイヤー・レヴァークーゼン戦に向けての準備は決して万全とはいえない。ルイス・ファン・ハールは、「レヴァークーゼン戦に出場するような選手たちとトレーニングができない。このためにこの状況はいくらばかりか難しいものだ」とfcbayern.deとの談話のなかでコメント。

ユップ・ハインケス率いるチームと対戦する3日前にファン・ハールは全選手と対面することになる – そしてすでに今から、代表戦で誰もケガをしないことを望んでいる。FCB代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「われわれはすでに背水の陣、勝たなければいけない」とバイヤーとの一戦に視線を向けてコメント:「次の一戦はもの凄く重要だ。」